LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

なんかイマイチ?「キムチ」の辛さを調節する上手なひと工夫

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

料理に入れたり添えたり、そのまま食べたりしても美味しいキムチ。でも買ってきて食べてみると、なんだか自分好みの味でない場合があります。辛かったり甘かったり、メーカーによって味が違うのは仕方ありませんが、不満を抱えながら食べ続けるのもつまらないですね。そこで今回は、料理研究家である筆者が、「キムチの辛さを調節する上手なひと工夫」をご紹介します。

170110ogawa001


■1:酸っぱいものは「ごま油」で炒める

キムチは発酵食品であり、時間が経つと乳酸の作用により味が酸っぱくなります。別に腐っているわけではありません。キムチにごま油をかけて混ぜ、フライパンでさっと炒めるだけで、酸味がやわらぎまろやかさが戻ります。


■2:辛いものは「すりおろしリンゴ」でやわらげる

キムチが辛くて食べられないという場合は、リンゴをすりおろして混ぜてみてください。リンゴの甘みとほどよい酸味が加わって、辛さがやわらぎます。さらにハチミツを加えると甘みが加わります。リンゴ以外にも、梨などの果実をすって入れることもあります。


■3:辛くてどうしようもない場合は「水」で洗い流しても

あまりに辛くてどうしようもないという場合は、その辛さのもとを取ってしまいましょう。少々強引ですが、水で洗い流して辛みを取るのも方法のひとつです。韓国では子どもに与えるときにそうすることもあるようです。


■4:甘いものには「韓国産唐辛子」を

甘すぎるので、辛くしたいという場合の方法です。素直に唐辛子を加えてもいいのですが、日本産の唐辛子は辛すぎるところがあります。韓国産唐辛子は辛みが弱くマイルド。独特の旨みがあるので、より美味しいキムチが楽しめます。


いかがでしたか? キムチはごはんのおかずにも、お酒のおつまみにもなり、あるととても重宝します。キムチさえあれば、ごはん何杯でもいけるという人もいるぐらい、支持の厚い食べものです。自分なりのアレンジで、好みの辛さに調節してお召し上がりください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
食のプロも実践!料理がぐっと美味しくなる“油の使い分け”

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle