LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

飲む以外にも!「インスタントコーヒー」の裏技的使い方4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

仕事や作業の合間にちょっとひと息。そんなときによく飲まれるのが、インスタントコーヒーです。お湯を注ぐだけで時間もかからないし、簡単に作れてとっても重宝します。買いだめしている方も多いと思いますが、実はインスタントコーヒーには飲む以外にも使い道があるんですよ。料理研究家の筆者が4つの使い方をご紹介いたします。

55608346 - coffee beans on wood dish with instant coffee in wood bowl


■1:カレーやシチューの隠し味として

インスタントコーヒーをカレーに入れると、独特の香ばしさが加わってちょっと大人の味に変化します。あまり入れると苦くなりすぎるので、様子をみて少量ずつ入れましょう。独特の脂っぽさも薄れてスッキリした仕上がりに。ビーフシチューやハヤシライスに入れるのもいいですね。


■2:ビールに入れると黒ビールの風味に

ビールにインスタントコーヒーを入れることでコクが加わり、黒ビールのような味わいになります。黒ビールよりも爽やかな飲み口で、後味もスッキリ。最初から混ぜるのではなく、粉を泡に浮かべて徐々に混じっていくくらいがいいですね。ハワイのビールメーカーではすでに商品化もされている飲み方です。


■3:肉料理のクセをやわらげて香ばしさを加える

ステーキ肉や豚肉をインスタントコーヒーに漬けてから調理すると、独特の臭みがやわらいで香ばしさが加わります。また、スペアリブなど肉を焼く際に表面に振りかけると、香ばしさとともにきれいな焼き色を付けることができます。


■4:染料に使用してアンティーク風に

布や紙などをインスタントコーヒーに入れて、染料として使う場合もあります。アンティーク風に見せるのに効果的です。また、絵画の贋作を作る際に、キャンバスを古く見せるのに使われるという話は有名です。


いかがでしたか? インスタントコーヒーは、忙しいときでもパパッと作れてすぐに飲めるのがいいところです。慌ただしい朝などにはピッタリ。いろいろ使い方を覚えておくと、もっとその魅力を楽しめると思いますよ。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
目指せ料理上手!知っておきたい「塩」の意外な使い方4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle