LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

リンパだけじゃない!「静脈」アプローチの小顔マッサージ

余慶 尚美

余慶尚美fNew2015

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「小顔」というと、リンパマッサージや顔の筋肉をほぐすマッサージを連想する方が多いと思います。けれども、それらのマッサージの前に、顔の静脈の「巡り」を改善するマッサージをひとつ施すことで、より「むくみ解消」「小顔」「リフトアップ」などエイジングに伴う様々なお顔の悩みを健康的に改善してくれます。

■ 「静脈」は「リンパ」の10倍、不要な水分や老廃物を排出する
エステの世界では「リンパドレナージュ(リンパ排出法)」という、血液の補助的な役割をする体液にアプローチする手法がメイン。ですが、実はリンパの前に、不要な水分や老廃物を回収する役割は、「静脈」なんです。その回収する量は、なんと「リンパ」の10倍。「リンパ」は、静脈が回収しきれなかった不要な水分や老廃物を再び静脈に戻すサポートする役割で、最終的に静脈に流入します。ですので、まずは静脈を中心にリンパを一緒に巡らしいくというのが非常に効率的です。

【図1】のように、静脈の流れとリンパの流れをきちんと把握し、朝晩のフェイスケアの際に意識的に行ってください。決して過剰な力を入れる必要はありません。赤ちゃんに触れるように軽いタッチで圧をかけるイメージで充分です。
まずは、首の外側と内側を走る静脈を流し、次に大きく顔を走る顔面静脈にアプローチ。そして、【図2】のように、それぞれの部分を3つのポイントに向けて、中心から外へそれぞれ細かくマッサージしていきましょう。リンパの流れは【図2】のように、中心から外へ軽く手の重みで流す程度で充分です。

(1)おでこ、目の周りなどは、耳の穴の前へ向けて
(2)の部分は、耳たぶのつけ根に向けて
(2)小鼻から下は、フェイスラインのくぼみ(下顎切痕)に向けて

静脈

「静脈」と「リンパ」に同時にアプローチするマッサージを、ぜひデイリーケアにとりいれ、小顔効果だけでなく様々なエイジングケアを実感してみてください。また、このマッサージの後に、コリをほぐすような少し痛めの筋肉マッサージを施すと、より効果を感じられますよ。
(国際薬膳師/国際薬膳調理師、漢方養生指導士 余慶尚子)

【関連記事】
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
巡活マッサージ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

01663f42e6c172d61d28e5c11c1367c8_s

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事