LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

定番鍋にひと工夫!加えるだけで体ぽっかぽか食材まとめ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

寒い季節、鍋が食卓にあがる機会も多いのでは? 風邪対策に、ひと工夫でより体があたたまる鍋料理のコツを、ウェルネス&ビューティーヘルスライターのユウコさんの記事よりまとめてご紹介!

66546842 - pot

■冬の冷え解消に◎基礎代謝がアップする「ニラ鍋」のすすめ

鍋の材料に迷ったら、ぜひ「ニラ」を買い物かごに!

さて、鍋に使う野菜の定番と言えば、白菜、ねぎですが、ほかに何を加えようかと迷ったら、これからの季節にはぜひ「ニラ」を選んでみてください。いかにも元気が出そうな野菜ですが、その栄養価の高さは、美も健康も力強くサポートしてくれるのです。

 

冷え解消、血流促進、脂肪燃焼アップ!「硫化アリル」の力で痩せ体質に

誰もが願う、きれいなボディラインと肌のためには、血流がよいこと、冷えがないことが欠かせませんが、ニラはどちらも叶えてくれます。これはニラに含まれる「硫化アリル」のパワーによるもの。代謝アップにも、大きく貢献する成分で、脂肪燃焼も促進してくれます。ニラのほかには、玉ねぎやにんにくからも摂取できるので、日々の食生活に欠かさずどうぞ。それだけで痩せ体質が手に入ります。

 

豚肉と食べれば、ストレスケア、過食防止にも

また、ちょっとしたストレスが乗り越えられず、つい「食」に走ってしまうことがあるものですが、これはストレスを受けたことによって身体の中のビタミンB1が減ってしまったため。ビタミンB1は健やかな心のために欠かせない栄養素ですので、日頃からきちんと補っておきたいものです。そのためにも、ニラは最適な食材です。ビタミンB1の宝庫といわれる豚肉との相性が抜群なので、心の疲れを感じたら、ぜひ一緒にとってください。ニラの中の「アリシン」という成分が豚肉のビタミンB1の吸収を助けるほか、ニラ自体にもビタミンB1が含まれていますので、ストレスで弱った心を、ダブルの効果でサポートしてくれます。

 

■冷えとむくみを解消!ぽかぽか温活「葛スープ」レシピ

「葛」はあの、「葛根湯」の原料。風邪予防には効果てきめん!

風邪をひいたときに「葛湯」を作ってもらった記憶のある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 身体が温まって、寒気が和らいだものですが、それもそのはず、葛は「葛根湯」の原料。血流改善効果で、免疫力がアップし、ウイルスに負けないからだづくりにひと役買ってくれるのです。

 

冷え取りには最適の葛。代謝もアップし、むくみ知らずに!

冬場は特にむくみが気になるという方にも、葛はおすすめ。前述した血流改善効果で身体が温まり、代謝もアップするので、冬太りの対策にも◎。冷えが取れれば、むくみも和らぐため、もうブーツが脱ぎにくい、といった事態にも見舞われずにすみます。

 

これからの季節にぜひ作ってほしい「葛と手羽先のスープ」

それでは、これからの季節におすすめの、葛と手羽先を使った、美味しいスープレシピをご紹介します。生姜と葱も加わるので、一段と身体がぽかぽかに! 手羽先でコラーゲンも取れる冬のごちそうスープです。

【材料】

手羽先 6本
水 5カップ
生姜 かたまり1個分
長葱 1本
白菜 1/4株
鶏がらスープのもと 小さじ2
塩 小さじ2
胡椒 適宜
葛粉 大さじ2

【作り方】

1.鍋にお湯を沸かし(記載外)、手羽先を5分ほど下茹でする。
2.新たに鍋に水を入れ、下茹でした手羽先、せん切りにした生姜を入れて煮る。
3.ざく切りにした白菜、斜め切りにした長葱を加え、あくを取りながら10分ほど煮る。
4.鶏がらスープのもと、塩、胡椒を加え、さらに10分ほど煮る。
5.最後に少量の水で溶いた葛粉をまわし入れれば完成。

 

いかがでしたか? 温まって美味しい鍋で、冷えない体作りを心がけてみては。
(LAR編集部)

【関連記事】
プロ直伝!インスタントラーメンを美味しくするコツ4つ

【参照元記事】
冬の冷え解消に◎基礎代謝がアップする「ニラ鍋」のすすめ
冷えとむくみを解消!ぽかぽか温活「葛スープ」レシピ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

66546842 - pot

Related Article関連記事

最新の記事