LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

冬も大好き!食べかけの「アイスクリーム」の上手な保存方法

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ほんの小さなことで、贅沢を感じることがあります。今の時期でいえば、温かい部屋のなかで冷たいアイスクリームを食べるといったところでしょうか。こたつに入りながら、カップのアイスをスプーンですくってちびちび食べる。なんて幸せなんでしょう。でも、量はそんなに必要ないんですよね。残ったものは冷凍庫に保存して、また食べたいときに出しましょう。今回は、料理研究家の筆者が、「食べかけのアイスクリームの上手な保存方法」をご紹介します。

20161225ogawa001


■アイスクリームには賞味期限がない

アイスクリームの保存は基本、冷凍庫です。家庭用冷凍庫であれば、温度の基準はマイナス18度。細菌が繁殖することもなく、安全な状態で食べることができます。ただし、時間が経てば変色したり風味が落ちたりもします。食べかけのものであれば、保存の仕方にも気をつけなければいけません。


■1:ニオイが移るので袋に入れる

冷凍庫には、そのほかの食材も保存されているはずです。アイスクリームはそういった食材のニオイが移りやすいものです。なので、少し離して置くか、買ったときの袋に入れて保存するなどの工夫が必要です。


■2:ラップで空気に触れさせないようにする

アイスクリームは一度開封すると空気に触れて乾燥し、さらに成分が酸化していきます。するとどうしても風味が落ちます。それを防ぐために、表面にピタッとラップを張りつけましょう。凸凹をならして平面にすると、密着度も増します。


■3:やわらかさを保つには密閉容器に入れる

保存しておいたアイスクリームを冷凍庫から取り出すと、カチカチになってスプーンすら入らないことがあります。密閉容器に入れて保存することで、固くならずなめらかな状態を保つことができます。ニオイがつくのも防げるので、一石二鳥な保存方法です。


■4:冷凍庫の開閉を少なくして温度を保つ

冷凍庫の扉の開閉を頻繁におこなうと、庫内の温度が変化して、アイスクリームにも悪影響です。また、調理したものを保存する際も、冷めるのを待ってから入れるようにしてください。


いかがでしたか? アイスクリームはいったん溶けると、再冷却しても元通りにはなりません。品質はかなり落ちます。残す場合は状態を整えて、早めに冷凍庫に入れて、品質を保つようにしましょう。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle