LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

冬は日本酒、お熱いのがお好き!「熱燗」を作る正しい手順

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

寒い日に、居酒屋などで温かい料理を注文した際、一緒に飲みたくなるのが熱燗です。カラダを内側から温めてくれますが、お店から出るとカラダがまた冷えるのが難点。できれば、お店のような熱燗が家でも飲めればいいと思いませんか? そうすれば、カラダがポカポカな状態のまま、眠りにつくこともできます。今回は、料理研究家である筆者が、「熱燗を作る正しい手順」をご紹介します。

46326777 - hot sake


■1:熱燗以外の燗酒の種類

ひとくちに熱燗と言っても、その温度によって呼び名が変わります。通常、熱燗と呼ばれているのは50度くらいのもの。さらに熱い55度以上のものを「飛切り燗」と言います。熱燗より少し低い45度くらいのものが「上燗」。さらに温度が下がるごとに「ぬる燗」「人肌燗」と変わっていきます。日本酒のなかでも熱燗に適しているのは、普通酒や本醸造酒です。


■2:徳利の口をラップで塞ぐ

徳利をそのまま加熱すると、日本酒の繊細な香りが逃げてしまいます。ですから、徳利に九分目まで注いだら、熱する前に口をラップで塞いでください。こうすることで、香りの成分の分散を最小限に抑えることができます。


■3:鍋に徳利が半分以上つかるぐらいの水を入れて

鍋に徳利が半分以上つかるぐらいの水を入れて沸騰させます。このぐらいの水の分量だと、熱が均等に伝わりやすいのです。沸騰したら火を止めて、徳利を入れて温めます。


■4:お酒が口の付近まで上がってきたら取り出す

お酒は熱を加えられると体積が増えます。すると、徳利の口付近にまで上がってくるので、そこで取り出しましょう。あまり高温で長時間熱するとアルコールが飛ぶため、短い時間で済ませるのがポイントです。


■5:レンジで作る方法

湯煎のときと同様に、徳利の九分目まで日本酒を入れて、口にラップをしてレンジにかけます。温度にムラが出やすいので、こまめに確認しつつ、おこないましょう。徳利内の温度を測る「酒かん計」というのもあるので、利用してみてもいいかもしれません。


いかがでしたか? 年末年始はなにかとバタバタしますから、家でゆっくりして疲れをとることが大事です。美味しい熱燗を作って部屋でのんびりすごして、英気を養ってください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle