LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

パッと一振りで「手足の冷え」撃退!魔法のパウダー3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

これからの季節気になるのが、手足の「冷え」ですよね。私達の身体は、寒くなると内臓を冷えから守ろうと、手足などの末梢血管を収縮させて熱を逃がさないようにするため、末梢部が冷えやすくなってしまいます。ですから、手足の冷えを改善するためには身体を内側から温め、末梢血管まで血液を送ることがポイント。飲み物やお料理にさっと一振りするだけで、手足の冷えの改善に役立つ魔法の粉を3つご紹介します。

20141027iwata56

■サッと一振りでOK!手足の冷えにお勧めの魔法の粉 3つ

(1)シナモンパウダー

中医学では、シナモンは肉桂(にっけい)と呼ばれ、身体を内側から温め、冷えが原因で起こる生理痛やむくみ、お腹の不調などを改善する効果がある食材として扱われています。資生堂グループの研究によれば、シナモンは毛細血管の機能を正常に戻し、血流改善に効果を発揮するとのこと!  かぼちゃやサツマイモサラダに加えると美味しいですよ。

 

(2)ココアパウダー

ココアには、生姜と同程度の冷え症抑制効果があることが森永製菓から発表されており、ココアの原料となるカカオ豆に含まれる「エピカテキン」は、血管内皮細胞を活性化して血管を拡張させる効果があることも判っています。同社の研究では、アイスココアであっても手足などの血流を増加させる効果が認められたそうですから、冷たい物が飲みたい時にもオススメ。ココアパウダーは、スタバなどのコーヒーショップにも置いてありますから、飲み物にはココアパウダーを習慣にしてみて!

 

(3)ジンジャーパウダー

中医学では、生の生姜は「身体の表面を温めるもの」、乾燥した生姜は「身体の中を温めるもの」と分類されています。ためしてガッテンの実験でも、生の生姜を食べると指先の温度は上がったものの深部体温は下がったよう。乾燥させた生姜なら、深部体温は下がらず指先の温度を上昇させたそうですから、冷え取りのために生姜を食べるのであれば、断然乾燥させた生姜がオススメ。

 

■美味しく冷え取り!お手軽レシピ2つ

(1)生チョコバナナ
しっかり熟したバナナをひと口大に切り、シナモンとココアをまぶします。バナナのねっとり感が生チョコレートの様ですよ。

(2)ジンジャーハニースプレッド
クリームチーズにハチミツとジンジャーパウダーを加え良く混ぜます。パンやクラッカーに添えても、そのまま食べても美味しい!

パウダーだったら、何にでもかけるだけで使えて便利ですね! シナモン、ココア、ジンジャー、それぞれに風味が異なりますから、お料理や飲み物によって使い分けてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
エイジング世代の常識!?「冷えない・カサつかない」入浴のキホン

【参考】
皮膚毛細血管の機能低下を回復させる成分「ケイヒエキス」の開発 – 資生堂グループ
ココアの冷え性改善効果 – ココア栄養研究所
夏冷え解消!しょうが使い方が間違っていた – ためしてガッテン NHK

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20141027iwata56

Related Article関連記事

最新の記事