LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

年末のお疲れ胃腸に◎セラピストおすすめ体内リセット法3つ

町山町子

_MG_8053

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

年末年始は楽しいイベントや飲み会も多く、暴飲暴食になりがちです。食べ過ぎ、飲み過ぎは内臓の働きをにぶくし、消化不良を引き起こす原因にもなります。「体内リセット(浄化)」は、腸内洗浄や腸内デトックスなど、腸内環境を整えることにフォーカスしたダイエット方法です。便秘症、肌荒れの方は、腸内をリセットすることで悩みが改善されることも。今回は、年末年始におつかれ気味の体内を自分でリセットするデトックス方法をお届けします。

39437643_l


飲みすぎた翌日は「白湯」でリセット

「白湯」はインドの伝統療法アーユルヴェーダでもすすめられていて、胃の毒素を洗い流す働きがあるといわれています。体内の毒素が減ると、白湯を甘く感じるようになるそうです。ただ、飲みすぎると消化不良を起こしたり、逆に疲れやすくなるので注意してください。飲むタイミングは、朝食前の空腹時がベスト。コップ1杯くらいの量の白湯を、ゆっくり30分くらい時間をかけて飲むことで、胃腸を休め、新陳代謝を促進してくれます。一番簡単にできるリセット法です。


食べすぎた日の翌日は「プチ断食」

断食の方法は、世界各国でいろいろなやり方があります。日本で知られているやり方は日本人の体に合わせた方法で、固形物(食事)をとらず酵素が含まれる飲み物や食事を摂るタイプが主流です。特に食べ過ぎた日の翌日は、白湯を飲んで体内をリセットする、野菜を多めにするなどのプチ断食で胃腸を整えると、また美味しく食事がいただけます。食事を抜いている間に、体内に残っている食物や毒素が消化・燃焼されます。そのほか断食には、アルコールやカフェインを取らないなど、健康面でもいい影響が多いのでおすすめです。


仕事中は「デトックスドリンク」で毒素排出

普段、家や職場で何を飲みますか? 眠気冷ましにコーヒーを飲む方が多いかもしれませんが、胃腸が疲れている時や荒れている時にはハーブティーがいいですよ。飲みなれず喉を通りにくいと感じるなら、はちみつやミルクを入れると美味しく飲める場合もあります。デトックスにおすすめなのは、ハイビスカスやフェンネル、たんぽぽなど、利尿作用や消化促進、代謝促進作用のあるハーブです。最初はこれらのハーブが入っているブレンドティーを試してみて、気に入ったら自分でのブレンドにも挑戦してください。


年末年始は心身の疲れに加えて、内臓にも負担がかかりやすい時期です。臓器も身体の大切な一部ですので、時には体内リセットで休めてあげてください。
(ビューティー&ヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
ヨーグルトは食前に摂るのが◎簡単ダイエットレシピ3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

39437643_l

Related Article関連記事

ピックアップ

表情が印象を左右する!?プロが教える印象アップの自己プロデュース術

年齢を重ねても美しく魅力的な女性であるために、メークやファッションに気を使っているという女性は多いですよね。実は、女性の魅力は、「静止画」で伝わる表面的な美しさに加えて、表情や仕草など「動き」も含めた …

最新の記事