LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

家で本格もつ鍋!「牛もつ」のニオイをとる上手な下処理4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

冬といえば食べたくなるのが鍋ですが、なかでも人気が高いのがもつ鍋です。プリプリとしたもつはコラーゲンたっぷりで、女性にも支持されています。しかし、お肉屋さんで牛もつを購入して家で作るのは、なかなか難しいもの。牛もつは独特のニオイもあるので、下処理が肝心です。今回は、料理研究家の筆者が「ニオイが気になる牛もつの上手な下処理」についてご紹介します。

67058114 - innards hot pot


■1:塩と混ぜて水でもみ洗い

牛もつはまず水洗いをします。このとき、ボウルに一緒に塩を少し入れてもみ洗いしてください。こうすることで、ぬめりが取れてニオイもおさまります。終わったら水で洗い流してください。


■2:牛乳につけ込む

ニオイをとるのには、牛乳につけ込んでから洗い流す方法もあります。ボウルに牛乳と牛もつを入れて30分から1時間ほどそのまま置いてください。同じ要領で焼酎につける方法もありますが、もったいないと思う方は牛乳を使いましょう。


■3:小麦粉でニオイを消す方法も

牛もつを水洗いしてからたっぷりの小麦粉をまぶし、しっかりもみ込みます。そしてもう一度水で洗い流して小麦粉を落とし、よく水気を切ります。ニオイが小麦粉にうつるので、かなり軽減されます。


■4:下茹での際に生姜を入れて

下処理をしてもまだニオイが気になるという方は、下茹でをしましょう。その際、生姜を切ったものを入れてください。生姜には消臭効果があるので、ニオイを取るのに役立ちます。ただ、下茹ですることで旨みも損なわれる場合があるので、好みの分かれるところです。


いかがでしたか? 購入した時点で下処理済みのものであれば、そのまま使用することも可能ですが、ニオイが気になる方であれば下茹では必要になるでしょう。反対に、ニオイが強いものを好む人もいます。お店によって品質も変わってくるので、自分好みの素材を見つけることも大事です。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
目指せ料理上手!知っておきたい「塩」の意外な使い方4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle