LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

気分はセレブ!「シャンパン」を華やかに美味しく飲む方法

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

誕生日やパーティーなどのお祝いの席で飲むことが多いのが、シャンパンやスパークリングワインといったお酒です。美味しいのはもちろんですが、色合いがよく、見た目にも楽しめます。まさに特別な日に相応しい飲みもの。値段も高いものなので、ガブガブと量を飲むよりは、雰囲気を楽しんでゆっくり味わいたいですよね。そこで今回は、料理研究家の筆者が「シャンパンを華やかに美味しく飲む方法」をご紹介します。

20161214ogawa001


■1:コルクを乾燥させないよう寝かせて保存

シャンパンはデリケートなお酒なので、保存の仕方が大きく味を左右します。保存するのであれば、コルクを乾燥させないようにすること。コルクが乾燥すると空気が入って味が落ちるからです。ビンを横に寝かし、乾燥を防いでください。


■2:甘口と辛口で飲む温度を変えて

シャンパンは甘口と辛口とで、美味しく感じる温度が違います。甘口はキリッと冷やして4度ぐらい。辛口は冷やしすぎず6~8度ぐらいが、一番美味しいとされています。ワインクーラーなどを使って、温度を保ちながら飲むといいでしょう。


■3:シャンパングラスでキレイな泡立ちを

シャンパングラスがないからといって、カップなどを使うのはもったいない飲み方です。シャンパングラスの底には小さな傷があり、キレイに泡立つよう工夫されています。味だけでなく、目で楽しみながら飲んでください。


■4:グラスの6分目程度まで注ぐ

グラスに注ぐ際は、6分目ぐらいまで入れるようにしてください。これは美味しい温度で飲み切れる量だからです。飲むときも、スティムと呼ばれるグラスの柄の部分を持つこと。こうすることで手から体温が伝わらず、温度を保ちながら飲むことができます。


いかがでしたか? 言葉や仕草などで育ちのよし悪しがわかることを「お里が知れる」といいますが、シャンパンの飲み方でもそれは伝わります。できるだけ美しく、上品に飲みたいものですね。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20161214ogawa001

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事