LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

気分はセレブ!「シャンパン」を華やかに美味しく飲む方法

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

誕生日やパーティーなどのお祝いの席で飲むことが多いのが、シャンパンやスパークリングワインといったお酒です。美味しいのはもちろんですが、色合いがよく、見た目にも楽しめます。まさに特別な日に相応しい飲みもの。値段も高いものなので、ガブガブと量を飲むよりは、雰囲気を楽しんでゆっくり味わいたいですよね。そこで今回は、料理研究家の筆者が「シャンパンを華やかに美味しく飲む方法」をご紹介します。

20161214ogawa001


■1:コルクを乾燥させないよう寝かせて保存

シャンパンはデリケートなお酒なので、保存の仕方が大きく味を左右します。保存するのであれば、コルクを乾燥させないようにすること。コルクが乾燥すると空気が入って味が落ちるからです。ビンを横に寝かし、乾燥を防いでください。


■2:甘口と辛口で飲む温度を変えて

シャンパンは甘口と辛口とで、美味しく感じる温度が違います。甘口はキリッと冷やして4度ぐらい。辛口は冷やしすぎず6~8度ぐらいが、一番美味しいとされています。ワインクーラーなどを使って、温度を保ちながら飲むといいでしょう。


■3:シャンパングラスでキレイな泡立ちを

シャンパングラスがないからといって、カップなどを使うのはもったいない飲み方です。シャンパングラスの底には小さな傷があり、キレイに泡立つよう工夫されています。味だけでなく、目で楽しみながら飲んでください。


■4:グラスの6分目程度まで注ぐ

グラスに注ぐ際は、6分目ぐらいまで入れるようにしてください。これは美味しい温度で飲み切れる量だからです。飲むときも、スティムと呼ばれるグラスの柄の部分を持つこと。こうすることで手から体温が伝わらず、温度を保ちながら飲むことができます。


いかがでしたか? 言葉や仕草などで育ちのよし悪しがわかることを「お里が知れる」といいますが、シャンパンの飲み方でもそれは伝わります。できるだけ美しく、上品に飲みたいものですね。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20161214ogawa001

Related Article関連記事

ピックアップ

“老け見え髪”の悩みに◎!若見えサラツヤ髪が叶う上手な「ヘアドライ」とは?

梅雨の時期や夏の暑い時期は「湿気によるうねり」や「ぺちゃんこ髪」などに悩まれている方も多いでしょう。せっかくスタイリングをしても、不規則にうねった髪は疲れ顔、ボリュームのない頭頂部はプラス10歳の老け …

最新の記事