今日から実践!オフィスでできる温活法と加湿アイデアまとめ

今の季節、オフィスの乾燥と慢性的な冷えに悩まされている女性も多いのでは? オフィスでもできるちょっとした工夫を実践することで、悩ましい乾燥と冷えを改善できるんです。LARライターでセラピストの町山町子さんが記事でご紹介した温活法と加湿アイデアをまとめてご紹介!

22070609 - closeup portrait of beautiful young woman wearing scarf, smiling.

■温めるべきは首と足!簡単“温活”法2つ

1)首元はストールとネックウォーマーで温活

首元が冷えると血行不良になり、クマやくすみを目立たせる要因になります。首周りは保温効果の高いストールやネックウォーマーを活用して冷やさないようにしましょう。首元を温めれば風邪予防にもなります。その他、足首や手首などの末端や、お腹周りの冷え対策も忘れずに。

 

2)足裏エクササイズで足元から温め!

できれば靴を脱いで行いたいエクササイズです。足元が丸見えのオフィスで靴が脱げない方は職場では足元が解放されるスリッパやシューズに履き替えることをお勧めします。

1、足裏アーチ運動

椅子に座ったまま、膝下を椅子の下に入れるようにして足首を前に伸ばします。足指はぎゅっとつぼめて足裏にシワができるくらい力を入れます。次に伸ばしていた足首を直角にし足裏を伸ばします。指も大きく広げて解放します。これを10回くらい繰り返してください。足首の運動と足裏を伸ばしたり縮めたりすることで足裏の運動につながります。

2、足指運動

足指運動の基本は、足指じゃんけんです。グーの時は足指に力を入れて中にしまいます。チョキの時は親指だけ上に上げる、または下に下げます。パーの時は全ての指を大きく開きます。グー、チョキ、パーの動作を連続して10回くらい行ってください。慣れてきたらスピードアップできるといいですね。

3、足指歩き運動

足裏を床につけて行う運動です。椅子に座った状態で両足を床に下ろし、両足の親指を床につけたまま、親指を床に向かって曲げて、かかとを滑らせるようにして前に押し出します。足裏にアーチができたらまた親指を伸ばします。この繰り返しで足裏を前に歩かせます。

*足裏温活アイテム
一度足先が冷えると、靴下を履いていても、足裏運動を行ってもなかなか温まらないことがあります。そんな時は温活アイテムがてっとり早いですよ。一押しは、貼れるホッカイロがおすすめです! ヒールやパンプスを履く機会が多いオフィスワークではストッキングを着用することが多いですよね。特に足元が冷える方は足裏にホッカイロを貼っておけば数時間がポカポカで体全身が温まります。

 

■簡単!加湿アイデア2つ

1)美容液スプレーとマスクは必需品

外出時は外の冷たい空気で肌が乾燥します。加えて、室内ではエアコンの風で肌が乾燥します。外に出る時はマスクをつけて寒さ対策と乾燥対策をして出かけましょう。室内でのマスクも乾燥対策になりますが、肌荒れ(顎ニキビ)など炎症を起こしている場合は、マスクが当たって悪化する場合があるので注意してください。また、最近の美容液スプレーは保湿効果の高いオイル配合のミストなどが出ていますので保湿効果の高いアイテムを見つけて常備しておくといいですね。肌がちょっと乾燥した時に化粧をしたままできる肌の乾燥対策にはオススメです。特にシワになりやすい目元はアイバームなどを活用してみてください。

 

2)お湯を入れたマグカップで加湿対策

オフィスやデスクに加湿器が置けるといいのですが、置けないオフィスもありますよね。そんな時は、コップに熱いお湯を入れてデスクに置いておくだけでもお湯の湯気で少しの加湿ができます。出勤時、ランチ後に新しいお湯に交換してこまめに乾燥対策してください。お湯にハーブの葉やアロマを垂らすと香りでリラックス効果が高まります。その他、迷惑にならない程度に濡らしたハンドタオルをデスクの周りにかけておくのも良いです。

 

いかがでしたか? 簡単な温活&保湿アイデアを実践して、お肌と身体に厳しい冬を乗り越えて。
(LAR編集部)

【関連記事】
肌を潤してバリア機能も高める!?秋冬おすすめのバーム3選

【参照元記事】
明日からすぐ出来る!オフィスの乾燥&冷え対策3つ
足裏エクサで代謝をアップ!オフィスでできる足裏温活法

22070609 - closeup portrait of beautiful young woman wearing scarf, smiling.

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle