LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

捨てずに有効活用!飲み残した「ワイン」の上手な利用法4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

普段はあまりワインを飲まない方も、家に人を招いた際に振る舞うことがあると思います。もしくは、来客がお土産として持ってくることもあるでしょう。でも普段飲まないだけに、余らせるとそのまま飲まず、やがて捨ててしまったりすることも。それはちょっともったいないですよね。そこで今回は、料理研究家である筆者が「飲み残したワインの上手な利用法」をご紹介します。

20161209ogawa001


■1:煮物に使って肉をやわらかく

赤ワインは、よく肉料理に用いられます。入れると肉がやわらかくなるだけでなく、くさみも取れて味に深みが出ます。白ワインは魚料理向き。白身魚やあさりの酒蒸しなどに用いられます。魚でも、クセの強いものには赤ワインを使う場合があります。


■2:凍らせて氷ワインに

ワインはアルコールが入っているので、そのままの状態では凍りません。煮沸してアルコールを飛ばすことで凍りやすくなります。あとは容器に移して冷凍庫に入れましょう。凍ったら取り出して料理に使ったり、スムージーに入れたりすることができます。


■3:ワイン塩を作る

鍋にワインと塩を入れて沸騰させ、水分がなくなるまで煮詰めると、ワイン塩ができます。分量はワイン200mlに対して塩が100g程度。赤ワイン塩は見た目も鮮やかでコクがあり、白ワイン塩はさっぱりとした風味。使い方は普通の塩と変わりありません。自分で作るのでオリジナル感が楽しめます。


■4:酢を入れてワインビネガーに

ワインとお酢を4対1ぐらいの割合で混ぜ合わせ、冷暗所で2~3ヶ月保存すると、ワインビネガーができあがります。ワインは白でも赤でも構いません。お酢は、米酢やりんご酢などがいいですね。ドレッシングにしたり、マリネ液などにも使えます。


いかがでしたか? 飲み残したワインをそのまま捨てるのは、製造者の方にも申し訳ない。ワインだって浮かばれません。例え飲めなくても、いろいろアレンジして一滴も残すことなく堪能しましょう。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20161209ogawa001

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事