LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

料理にアクセントを!「にんにく」を使いこなすコツ4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

日も暮れて、各家庭から夕飯の香りがただよってくると、お腹がグッと空いてきます。さらにそのなかに、にんにくの香りが混じっていたりすると、いっそう食欲を刺激されます。にんにくは、料理にアクセントをつけるのに欠かせない食材。上手に使うことで料理の質を上げ、食べる人を満足させることができます。今回は、料理研究家である筆者が、「にんにくを上手に使いこなすコツ」をご紹介します。

50274879 - garlic ingredients for savory dishes


■にんにくの芽を取る理由

にんにくを料理に使う際、切るときに芽(芯の部分)を取り除きます。加熱すると焦げやすかったり、苦みを感じやすいという理由からです。取り方としては、むいたあとにとがっていない丸いほうを少し切り落とせば、つまようじなどで引っかけて簡単に取れます。


■1:スライスは肉や魚のソテーに

にんにくのスライスは、肉や魚のソテーに香りづけとして使います。切り方としては、繊維方向に垂直になるよう包丁を入れて薄切りにしていきます。こうすることで、香りが出やすくなります。スライスは、油で揚げてにんにくチップにしてもいいですね。


■2:みじん切りにしてスープやソースに

にんにくを半分にカットして、切り口を下にして置くことで切りやすくなります。いくつか繊維方向に切れ込みを入れたら、今度は垂直に包丁を入れて細かく切るとみじん切りになります。料理に使うソースに入れたり、スープに入れたりと、用途はさまざまです。


■3:つぶして料理に入れて最後に取り出す

にんにくをつぶす際は、包丁の腹を使います。まな板と腹の部分ににんにくを挟み、上から体重をかけてつぶします。ここからみじん切りにしてもいいですが、この時点で香りは強く出ています。料理に香りだけつけたい場合はこのまま入れて、できあがったら取り出すという方法もあります。


■4:すりおろしたものは餃子などに練り込んで

すりおろす際は、おろし金を使うのが基本ですが、なにぶん欠片が小さいので指に気をつけなくてはいけません。専用のガーリックプレスという器具もあるので、利用してもいいでしょう。すりおろすのが、もっとも香りの強くなる使い方です。かつおのたたきを食べるときに醤油に混ぜたり、餃子のあんに混ぜて使ったりします。


いかがでしたか? にんにくの風味はとにかく食欲をそそります。冬場の寒さで元気が出ないときなどにピッタリの食材です。ぜひ、料理に合った調理をして加えてみてください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

50274879 - garlic ingredients for savory dishes

Related Article関連記事

ピックアップ

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら