LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

しわやたるみなどのエイジングサインは、一刻も早く解消したいもの。そこで、エイジングサインに効果的に働きかける効果が注目されているノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」についてご紹介します。

shutterstock_69626287

■フラーレンとは?

フラーレンとは炭素の同素体で、一般的に知られる「C60フラーレン」はサッカーボールのような形状をしていると言われています。C60フラーレンの発見で、1996年に3人の科学者がノーベル賞を受賞しています。

フラーレンの効能

フラーレンには活性酸素を除去する作用、いわゆる抗酸化作用があると言われています。その効力は他の成分と比較しても強いと言われており、また持続力と安定性が評価されているようです。コムロ美容外科総院長の小室好一先生によると、この高い抗酸化作用によって、メラニンの生成を抑制する効果や皮下脂肪によるたるみ、肌表面の凹凸を防止する効果が期待できるのだそうです。

■EGFとは?

EGFとは、アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見された成分。「Epidermal Growth Factor」の頭文字で、「上皮細胞成長因子」のことを指します。スタンレー・コーエン博士は、EGFの発見で1986年にノーベル賞を受賞しています。

EGFの効能

EGFは元々私たちの体にある成分。それが加齢によって分泌量が減少し、ターンオーバーが遅くなると言われています。シミやしわなどのエイジングサインをまねく一因要因とも言われており、EGFを外から補うことによって皮膚細胞の産生を促し、エイジングサインを解消する効果があると言われています。またEGFは、細胞内で飽和状態になっても、それ以上取り込まれることはないという特徴から、副作用がない成分であるとも言われています。

今まで様々なコスメを使用してきたものの、エイジングサインに対する効き目がイマイチだという方は、最先端のエイジングケア成分と言われるこの2種の成分をチェックしてみてはいかがでしょうか。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
消えないなら見直して!意外と知らない「シミ」種類別ケア方法

【参考】
ノーベル賞受賞成分EGFとは – 日本EGF協会
※日本化粧品検定協会監修・小西さやか著『日本化粧品検定協会公式1級・2級対策テキストコスメの教科書』(主婦の友社)
フラーレン+EGF=ERENE(4)- コムロ美容外科

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle