パーティーにぴったり!美味しいサンドイッチを作る秘訣4つ

これからパーティーシーズンを迎え、お客様を招いて料理を披露する機会もあるかと思います。時間とお金をかければ美味しいものができるかもしれませんが、それを控えてもてなすのが賢い女性です。そんなときに役立つメニューがサンドイッチでしょう。見映えもよく、適度にお腹を満たしてくれる便利なメニューです。そこで今回は、料理研究家である筆者が、「美味しいサンドイッチを作る秘訣」をご紹介します。

10635500 - prosciutto and cheese sandwich with olives and lettuce.


■1:バターを塗って水分をしみ込ませない

パンが食材から出る水分を吸うと、生地がしんなりして美味しさが半減します。そこで、生地にバターを塗って水分の吸収を防ぎます。バターには、パンと食材をくっつける役目もあります。野菜も、洗ったあとしっかり水気を切ることが大事です。


■2:具材は薄く切って均等に並べる

いろんな具材を入れると見映えもいいし美味しそうですね。でも大きさがバラバラだと挟みにくく、切るのも難しくなります。食べるときにも、切り口からこぼれやすくなります。具材はなるべく薄く切って、均等に並べましょう。


■3:包丁は引くようにして切る

いろんな具材が入っていると、切るときに力の入れ具合が難しくなります。力まかせに上から押しつけるように切ると、横から具材がはみ出したり、切り口がつぶれて汚く見えてしまいます。パンを軽く手で押さえ、包丁の歯をあてたら前後に動かし、引くときに切るような感覚で行うとキレイに仕上がります。


■4:いろんなパンを使って楽しく

食パンに具材を挟むのが一般的ですが、パンの種類を変えて作ってもおもしろいものです。フランスパンやベーグルを使ってみたり、ロールパンの中央を切って挟んでみたり、厚切りの食パンに切れ込みを入れてポケットサンドにしたり。具材が同じでも、まるで見た目が変わってきます。


いかがでしたか? いい具材を使っても、作り方がよくなければ仕上がりも今イチ。それに、見た目も味を左右する要素になります。美味しそうに見えて、なおかつ食べても美味しいサンドイッチを作って、お客様をもてなしてください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
プロ直伝!インスタントラーメンを美味しくするコツ4つ

10635500 - prosciutto and cheese sandwich with olives and lettuce.

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle