LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

目指せ料理上手!知っておきたい「塩」の意外な使い方4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

料理の基本とされる味付けの順番「さしすせそ」は、みなさんご存知でしょう。その「し」にあたる調味料が、塩です。塩は多くの料理に用いられますが、塩気を加えるだけが役目ではありません。たとえば、葉野菜を茹でる際に入れると、緑色を鮮やかにするなどの効果があります。塩のこういった効果を知っておくことも、料理上手への一歩です。今回は、料理研究家である筆者が、「知っておきたい塩の意外な使い方」についてご紹介します。

A15200655_l


■1:箸の先につけてキレイな溶き卵に

薄焼き卵を作るときなど、卵をよく混ぜ合わせる必要がありますが、あまり混ぜすぎるとコシがなくなります。そこで、箸の先に塩をつけてみてください。その状態で行うと、短時間でキレイに混ぜ合わせることができ、コシを失わずに済みます。


■2:納豆に入れると粘りが強くなる

納豆に少量の塩を入れてかき混ぜると、水分が奪われて粘りの強い仕上がりになります。そこにタレを加えてもいいし、もう少し塩を足してもよし。塩だけで食べれば、あっさりとした中、塩気によって引き立てられた納豆本来の味が楽しめます。


■3:食材のぬめりを取る

食材のなかにはサトイモやタコなどのように、表面にぬめりがあり、調理の際に取らなければならないものがあります。これらは塩をつけることで、キレイに取ることができます。ただ、あまり塩を使いすぎると塩辛くなったり、旨みが逃げてしまったるするので、適度な量を心がけましょう。


■4:細菌の繁殖を抑える

水分は塩分濃度の高いほうに流れていく性質があります。この浸透圧の効果により、細菌の水分が奪われて死滅したり、繁殖が抑えられたりします。防腐効果が働き、食材を長持ちさせることができるのです。


いかがでしたか? 塩には塩気を加える以外にもさまざまな効果があります。うまく利用すれば、食材のよさを存分に引き出すことができます。料理の幅も広がるので、上手な使い方を身につけてください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle