全身つるつるに!日本酒風呂の方法とおすすめ入浴剤3つ

女優の長澤まさみさんが実践していることで話題になった日本酒風呂。全身がツルツルになり、保湿効果もあるということですが、それはなぜでしょう? コスメコンシェルジュの筆者がご紹介します。

A46091010_l

■ 日本酒の外側からの肌へのアプローチとは?

日本酒風呂は、美容に関心の高い多くの女性が実践していることで、これまでもよく話題にのぼりました。日本酒にはいろいろな種類がありますが、美容を目的とする日本酒風呂には、米麹から作られた純米酒を選びましょう。純米酒と表記されている清酒は、米と米麹のみを原料とすることが定められています。米麹は米を発酵して作られるもので、アミノ酸や米ぬかエキスがたっぷりと含まれていて保湿効果に優れています。また、米麹には美白効果の期待できるコウジ酸も含まれています。入浴により、身体が温まることに加えて、美容成分が全身のお肌に吸収されやすくなり、効果を存分に得ることができるのです。

 

■日本酒風呂のやり方

38-39度のぬるま湯に日本酒を250cc程度を入れるだけです。ゆっくりと15分から20分程度つかるとよいでしょう。ただし、お子さんや、妊婦の方は避けた方が無難です。アルコールに酔いやすい方は、日本酒の量を減らすことをオススメします。

 

■純米酒風呂にオススメのアイテム

もちろん、入浴剤にも米ぬかを使用したものがありますので、どうしてもアルコールが気になるという方は、そちらを使用した方がいいかもしれません。筆者は、酒屋で購入できる純米酒を使用していますが、とくにアルコールの匂いやぬめりのようなものも感じず、体が芯から温まることを実感しています。保湿力も十分に感じます。飲食と同じアイテムを使用することに抵抗がある方は、酒風呂専用の純米酒も販売されているので、そちらを使用されてみてはいかがでしょう。また、日本酒風呂の美白効果においては、継続することで実感できますので、美白効果を得たい方はぜひ習慣化されることをオススメします。

入浴専用の純米酒

すっぴん 酒風呂専用・原液 純米/金沢福光屋

天然成分100%。アミノ酸でしっとり。
(2000ml 1本 税抜価格 2,000円)

20161118akikosaito01

 

純米酒-美肌/株式会社北川本家

高精白のお米と良質の地下水だけで醸造した美容用の日本酒です。
(30ml 税抜価格 415円)

20161118akikosaito02

 

麹エキス成分配合の入浴剤

バスエッセンス純米酒/リーフ&ボタニクス

ミルクタイプの入浴料。純米酒の保湿成分、酒粕エキスによる米ぬかの美白成分を配合。さらりとした使い心地で全身に潤いをあたえてくれます。(30ml 税抜価格 280円)

 

 20161118akikosaito03

 

また、わざわざ日本酒を美容のために入浴剤に使用しているという特別感の心理的効果も、美容に大きな作用をもたらしているかもしれません。ご家族が寝静まった夜中に、ご自分へのご褒美にゆっくりと日本酒風呂という心の贅沢を、ぜひ、実践されてみてはいかがでしょうか?
(美容ライター/コスメコンシェルジュ 斎藤明子)

【関連記事】
肌を潤してバリア機能も高める!?秋冬おすすめのバーム3選

【参考】
※化粧品成分ガイド第6版(フレグランスジャーナル社)
金沢福光屋ONLINESHOP-酒風呂の基礎知識
「清酒の製法品質表示基準」の概要-国税庁
金沢福光屋ONLINESHOP
純米酒-美肌株式会社北川本家
バスエッセンス純米酒-リーフ&ボタニクス

A46091010_l

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle