LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

赤さ=甘さじゃない!「いちご」の味を堪能するポイント4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

クリスマスといえばいちごのショートケーキ。これから年末にかけて、いちごを口にする機会も増えるでしょう。いちごの赤い色は目に鮮やかで、見ても食べても楽しめます。もちろん、いちごだけで食べても美味しいですよね! でも、うちで買ってきたいちごはたまに酸味が強すぎて、ガッカリすることもあります。今回は料理研究家の筆者が、「いちごの味を堪能するためのポイント」をご紹介します。

20161117ogawa001


■1:ヘタが反っているものを選ぶ

いちごの実は「赤いほうが甘い」と考える人も多いのですが、必ずしもそうとは限りません。選ぶ際に注目すべきは、ヘタの部分です。ヘタが実に張り付いているものではなく、緑が鮮やかで上に反っているのが、よく熟しているものです。


■2:洗いすぎに注意

いちごはあまり洗いすぎると水分を吸って、風味が悪くなります。農薬の基準も厳しくなっているので、それほど洗わなくても問題ありません。また、ヘタを取って水にさらすと味を損なうだけでなく、その部分から栄養が逃げてしまいます。ヘタを取らずに洗うようにしましょう。


■3:追熟しないので早めに

いちごは収穫後にしばらく置いておくと、赤みは増しても、甘くなることはありません。それは追熟しないからです。甘さの基準になるのは収穫時の実の赤さであって、現在の色合いではないんですね。味は最初の状態のままなので、早めに新鮮な状態で食べるようにしましょう。


■4:ヘタのほうから先端に向かって食べる

いちごの実は、ヘタのあるほうから先端に向けて甘みが強くなっていきます。ですから、先端から食べると、最後に酸味の強い部分を食べることになり、後味が悪くなります。ヘタのほうから食べることで、甘みを感じやすくなります。


いかがでしたか? いちごの味を堪能するのには、こんな方法があるんです。小さいからといってパクパク口に放り込んで食べるのではなく、一粒一粒よく味わって食べてください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20161117ogawa001

Related Article関連記事

ピックアップ

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら