LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

常備したい!冬が旬の美味しい「ブロッコリー」の選び方4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

鮮やかな緑が特徴的なブロッコリーは、その色の強さから、なんとなく夏が旬だと思いがちです。でも、ブロッコリーの旬は冬、12月から3月にかけてです。サラダやシチューに入れたり、お弁当に入れたりと使い勝手もよく、色合いもいいので美味しそうに見えます。せっかく旬を迎える食材ですから、なかでも品質のいいものを選んで食べたいものです。そこで今回は、料理研究家の筆者が「美味しいブロッコリーの選び方」をご紹介します。

A27421238_l


■1:触ってまだ固いもの

茎の上部についているつぶつぶの実のようなものは、花のつぼみです。時間が経つと黄色い花を咲かせます。触ってやわらかいものは咲く直前であり、鮮度が落ちている可能性があります。つぼみがギュッとつまった固いものを選びましょう。


■2:全体的にこんもりしているもの

茎が太いわりに、全体にあまりつぼみの部分に厚みがないものは、早く摘みすぎている可能性があります。こんもりと盛り上がっているのが、完熟しているものです。こちらのほうが、ブロッコリー本来の甘みが強く味わえます。


■3:紫がかったもの

紫がかったものが売られていることがりますが、あれは鮮度が落ちているわけではありません。低温により紫になる場合があるだけで、質は変わりません。むしろ、栄養がつまっている証拠でもあります。茹でると緑色になるので問題はなく、むしろ積極的に選んでいいものです。


■4:茎の切り口がキレイなもの

ブロッコリーの茎の切り口に鮮度が現れます。乾燥しているものや黒ずんでいるものは、鮮度が落ちています。また、隙間ができることを「鬆(す)が入る」と言いますが、この状態も新鮮ではないので選ばないようにしましょう。


いかがでしたか? ブロッコリーは茹でて冷凍しておくと、とても重宝します。解凍してすぐ食べられるし、肉料理を作った際の野菜が欲しいときに添えられます。お弁当の隙間を埋めるのにも使えるし、色合いがいいので美味しく見せるのにも役立ちます。美味しいものを選んで、常備しておきたい野菜のひとつですね。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle