LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

お肌を乾燥から守る!マカダミアナッツオイルの魅力3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

乾燥が気になるこれからの季節、外側からのケアも大切ですが、内側からのケアも欠かせません。最近話題の「マカダミアナッツオイル」には、お肌を乾燥から守る働きも期待できるのだとか。植物性オイルのなかでは、マカダミアナッツにダントツに多く含まれる「パルミトオレイン酸」がポイントです。

20161107iwata001


■乾燥肌対策にも!マカダミアナッツオイルの魅力3つ

(1)血管の健康を守る

マカダミアナッツに多く含まれる「POA(パルミトオレイン酸)」は、一般の体細胞にはほとんど吸収されず、血管に吸収されやすい性質を持っています。血管壁細胞の栄養源である脂質が補給されることで、血管の細胞が丈夫になり、血管の健康を保つことにつながります。とくにお肌などの毛細血管は、年齢とともに血液が流れにくくなり、皮膚老化を引き起こすといわれています。血管の健康を保つことは、お肌の細胞に栄養と酸素を届ける手助けとなるのです。


(2)お肌を乾燥から守る

血管に入り込んだPOAには、皮脂分泌をうながしてお肌を乾燥から守る働きも期待できます。POAは、皮脂にも含まれている成分です。


(3)腸からお肌を守る

腸内フローラが悪玉菌優勢の状態にあると、悪玉菌が生み出す毒素が体内に吸収されやすく、皮膚からも排出しようとして肌荒れを起こす一因となります。マカダミアナッツオイルの主成分はオレイン酸。オレイン酸には腸のぜん動運動を刺激してスムーズな排出をうながす働きがありますから、便秘がちな方にもおすすめです。


■マカダミアナッツオイルの使い方

マカダミアナッツオイルは、オレイン酸が主成分である「酸化に強い油」なので、調理油としても使うことができます。美容と健康に役立つオイルですが、他のオイルと同様に1gあたり約9kcalの熱量がありますから、サプリメント的にプラスするのではなく、今使っている油と置き換えて使うことをおすすめします。


空気が乾燥するこれからの季節は、食からもお肌を整えたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【関連記事】
女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ

【参考】
脳卒中を予防するPOA – ニダフジャパン
成分情報 マカダミアナッツ – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20161107iwata001

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事