上向き小顔に◎ほうれい線に効く「側頭筋」マッサージ術

加齢とともに顔の筋肉が緩み、フェイスラインのたるみやほうれい線が目立っていきます。ほうれい線やフェイスラインのたるみは筋肉の衰えや紫外線の影響などが考えられますが、ほうれい線が深くなる原因の一つに頭の筋肉「側頭筋」の老化があります。ヘッドスパやヘッドマッサージなど頭皮をほぐすケアがリフトアップには良いと言われていますが、特に側頭筋をほぐしてあげることがポイントです。そこで今回はほうれい線に効く側頭筋のケア方法と効果的なアイテムをご紹介します。

20161107machiyama00

■ほうれい線に効く「側頭筋」とは?

顔のリフトアップに側頭筋が良い、と言われてもピンと来ない方が多いのではないでしょうか。でも頭皮のマッサージを行うとリフトアップやくすみに効くというのは最近よく耳にしますよね。ピンと来ない方はこめかみの部分に手を当てて上に引き上げてみてください。目尻が引き上がる他、顔全体がリフトアップしていませんか? この部分が側頭筋になるのですが、側頭筋が衰えてくると表情筋が支えられなくなり、たるみを引き起こします。ここをほぐして鍛えてあげることで顔全体のたるみが解消されてリフトアップにつながるのです。

 

■お風呂上りがおすすめ!側頭筋マッサージの方法

側頭筋をマッサージやエクササイズをする前は、温めてほぐしておくとより効果を感じやすいのでお風呂上りがおすすめです。

1.耳の上からこめかみにかけての筋肉が側頭筋になるので目の横にあるこめかみ辺りを中指と薬指で押さえたままクルクルと円を描くようにマッサージします。

2.次に耳の上からこめかみにかけて手のひらを当てて全体的に強く押しながら大きく円を描くようにゆっくりマッサージします。

ただし、摩擦にならないようにしっかり押さえながらほぐします。頭痛や体調の悪いとき、飲酒しているときは具合が悪くなる場合があるので控えましょう。

 

■側頭筋のマッサージアイテム

マッサージアイテムにはいろいろありますが、今回は全身に使えるカッサプレートを活用しての方法をご紹介します。コンパクトですし一枚持っていればどこでも簡単に使えるのでおすすめです。カッサプレートには様々な形がありますが、側頭筋をほぐす際は凹凸がある面を使って、頭皮をこすらないように押し揉み込みます。側頭筋をほぐしたら、頭の中心を先端で圧をゆっくりかけながら5秒くらい刺激し、生え際を揉みながらプッシュしていきます。とても気持ちがいいですよ。

 

続けるとリフトアップ成果が実感でき、表情が若返りますよ。半年くらいかけて地道に若返りを実現させていきましょう。頭皮ケアや頭のコリ解消にもなり一石二鳥です。
(ビューティー&ヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
セラピストも実践!毛穴の開き・たるみ・汚れのケア方法4つ

20161107machiyama00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle