LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

カレーのお供以外にも!らっきょうの甘酢漬けアレンジ術4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

カレーのお供といえば、福神漬けともうひとつ、らっきょうの甘酢漬けでしょう。カリカリとした食感が楽しく、ほどよい甘さがいい箸休めになります。とはいえ、カレーのとき以外あまり食べる機会がなく、余らせるので購入はしないという方もいるのでは。でもちょっとアレンジを加えると、いろいろな料理にも使える食材なんです。そこで今回は、料理研究家である筆者が、「らっきょうの甘酢漬けアレンジ術」をご紹介します。

46240676 - sweet and sour pickled shallots


■らっきょうの甘酢漬けの作り方

らっきょうの甘酢漬けは、簡単に作ることができます。まず、らっきょうを洗って皮をむきます。酢と砂糖と塩と水を合わせて煮立てて甘酢を作り、冷ましたらそこにらっきょうを入れ、漬け込めば完成です。鷹の爪を入れると、辛みをつけるだけでなく、殺菌効果も見込めます。


■1:刻んでタルタルソースに

ピクルスの代わりに、らっきょうの甘酢漬けを使って作ります。らっきょうと一緒にゆで卵を細かく刻んで、マヨネーズと和えます。塩胡椒で味を整えてできあがり。甘酢の酸味がほどよく効いて、さっぱりとしたソースになります。


■2:酢飯と合わせて手巻き寿司に

甘酢漬けですから、酢飯との相性ももちろんいいので、手巻き寿司の具材にピッタリ。細かく刻んで酢飯と混ぜてもいいし、メインの具材に添えて海苔で巻けば、カリカリとした食感がいいアクセントになります。同じ要領で、サンドイッチの具材にしてパンにはさんでもいいですね。


■3:ごはんと炒めてチャーハンに

らっきょうとニンニクを刻んでフライパンで炒め、ごはんや卵を入れて塩胡椒で味つけしてチャーハンに。ニンニクの香りにらっきょうの甘酸っぱさが加わり、味の幅が広がります。らっきょうの食感を生かすのであれば、大きめに刻むといいでしょう。


■4:残り汁を使って酢のものに

らっきょうは栄養が豊富ですから、その栄養がしみ出た残り汁を捨ててしまうのはもったいないですよ。きゅうりやオクラ、わかめなどと合わせて酢のものにしたり、パプリカや玉ねぎやイカを合わせてフレンチ風にアレンジするのもいいでしょう。面倒であれば、そのまま野菜のドレッシングにしても問題ありません。


いかがでしたか? しょっちゅう食べたいわけではありませんが、たまに欲しくなるのがらっきょうの甘酢漬けです。こういったアレンジができれば、冷蔵庫に眠らせてしまうこともありません。栄養があってカラダにもいいので、これからの寒くなる季節に向けて、食べて元気をつけましょう。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
プロ直伝!インスタントラーメンを美味しくするコツ4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

年齢肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっとみる