LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

寒い日はおしるこが恋しい!美味しく作る「あずき」の茹で方

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

日々寒くなるこれからの季節に恋しくなるのが、カラダの内側から温まるおしるこです。外出時に自動販売機で売っているのを見かけると、つい買ってしまいますね。甘くて温かくて、飲むとホッとひと息つけます。でも、お鍋で煮込んで作ったおしるこは、もっと美味しいですよ! 今回は、料理研究家である筆者が、「おしるこを美味しく作るためのあずきの茹で方」をご紹介します。

20161107ogawa001


■1:悪いあずきを取り除く

まずはあずきの選別から始めます。変色したものや、欠けたものを取り除いて、きれいなものを残します。古いものだとカビが生えていたりもするので、注意して見てください。こうした細かい作業が、仕上がりの味の差となります。


■2:たっぷりの水で渋切り

あずきはそのままだとアクがあるため、それを取るための渋切り(渋抜き)という作業が必要になります。あずきをさっと洗ってから鍋にたっぷりの水と一緒に入れ、沸騰してきたら湯だけ捨てて、再び水を入れて火にかけます。渋切りは通常2回行います。


■3:びっくり水で温度を下げる

渋切りのあとは、再び鍋に入れて1時間ほどじっくり茹でます。あずきは内部まで熱が伝わりにくいので、熱を通すためには、あずきの表面と内部の温度を近づける必要があります。そのために行うのが差し水(びっくり水)です。水を入れることで湯の温度とともに、あずき表面の温度も下がります。こうすることで、火がよく通り芯まで煮えます。


■4:かき混ぜないでじっくり煮る

弱火で煮ている間は、あまりかき混ぜたりせず、気長に待ちましょう。あまり手を加えても形を崩すだけ。「あずきは無精者に煮させろ」という昔からの言葉もあるほどです。芯までやわらかくなったら、茹であずきの完成。砂糖で味つけすれば、美味しいおしるこができあがります。あずきがまだ固い状態で砂糖を入れると、それ以上やわらかくならないので注意してください。


■「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

おしることぜんざいの違いは、よく話題になります。「お餅が入っているかどうかの差」ともいわれますが、そうではありません。簡単にいえば、「汁気があるのがおしるこ」「汁気のないものがぜんざい」となります。しかしこれは、関西と関東でまた認識が違い、こしあんか粒あんかなどの差も加わってくるため、一概にそうとはいい切れません。


いかがでしたか? 最初から茹でてあるあずきも売っていますが、やっぱりイチから作ったほうが美味しく仕上がります。砂糖の量を減らせば健康的ですし、あずき本来の甘みと香ばしさが味わえます。これからのシーズンに相応しい一品です。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
プロ直伝!インスタントラーメンを美味しくするコツ4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20161107ogawa001

Related Article関連記事

ピックアップ

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら