感情や忙しさに振り回されない!前向きになる瞑想法と座り方

前回は、雑多な日常から静寂の場所をつくるヨーニームドラのご紹介をしました。今回は瞑想の方法と座り方をご紹介します。

A53163431_l

■瞑想の方法と蓮華座の組み方

 瞑想と聞くと、ずっと座っていなくてはいけない、心を無の状態にしなくてはいけない。「そんなの不可能!」と思ったあなた。例えば、ネイルケアを始める真剣に指先を見つめ、息が止まっていた、編み物をすると時間を忘れて編み続ける、高速道路を運転するとあっという間に目的地に到着、など異常な集中力を発揮すると気がありませんか? 実は、没頭すると心が沈黙する=瞑想状態 なのです。

瞑想の基本的ステップを抜粋(ヨーガ本質と実践より)したポイント

1.瞑想だけの特別の場所を決める
2.日常の雑多に心を乱されない時間帯、明け方か夕方に行うのが理想的
3.毎日、同じ時間、同じ場所で行うと条件付けにより瞑想がやりやすくなる
4.背中、首、頭を一直線にして、北か東を向く
5.呼吸を整える。まず5分間深呼吸してから、呼吸の速度を落とす
6.リズミカルな呼吸パターンをつくる。吸うのも吐くのも3秒で

効果

ストレス軽減、前向きな行動が取れるようになる、集中力がつく、身体機能改善など。

注意する点

背中が曲がらないように注意。椅子に座る、床に座る、床に寝るなど集中出来る姿勢を見つけて下さい。

実践回数&期間

1日3分から始めて少しづつ時間を長くしましょう。3週間トライしてみて下さい。心身ともに変化が感じられ、前向きな姿勢で物事に取り組めるようになります。

やり方

1.両足を前に伸ばした長座姿勢から、右膝を曲げます。右手は膝に添え、左手はつま先をつかみ、左脚付け根に添えます。

20161019kazuyomori01

2.吸う息で膝を胸の方に近づけ、吐く息で膝を床方向に下ろします。8回を目安に繰り返しましょう。

20161019kazuyomori02

3.そのまま左膝を曲げて、右太ももの下に近づけます。この時膝を床から少し持ち上げた方が、足は組みやすいです。

20161019kazuyomori03

4.ゆっくりと背筋を伸ばします。この状態に慣れてきたら、足首を痛めないように足の甲がそけいぶ(Vライン)の上に乗せる意識でつま先もまっすぐ伸ばしましょう。これで半分の蓮華座は完成です。このまま両手を膝の上に乗せて、瞑想に入ってもOKです。

20161019kazuyomori04

5.さらに両足の蓮華座にチャレンジする方は、下になっている左足を右足の上に近づけます。

20161019kazuyomori05

6.ゆっくりと背筋を伸ばします。この状態に慣れてきたら、なるべく膝の幅を狭くして、そけいぶに両足の甲が乗るように意識し、下半身を床に深く沈めるように土台を安定させます。両手は膝の上に乗せてそのまま瞑想に入りましょう。

20161019kazuyomori06

いかがですか? 感情や多忙という波に巻き込まれないように、自分にとってベストな状態でいるためには何が必要か、瞑想することで自ずと答えが見えてくるはずです。ぜひ、習慣にしてみて下さいね。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

A53163431_l

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle