秋冬は肩がコリやすい!?肩コリを和らげる目のケア3つ

どういうわけか秋冬って肩こりつらくなるなぁと感じてる人も多いはず。ただでさえパソコン仕事や人間関係のストレスで肩まわりガッチガチに凝ってるというのに追い撃ちかけられてはたまらないですよね。そこで、今回は肩こりを和らげる目のケア方法をご紹介します。

20161028koyanagi00

 

■空気の乾燥が目を疲れさせます

実はこの時期の肩こりは空気の乾燥が原因です。空気が乾燥すると、まずダメージを受けるのが目と呼吸器。どちらも疲れが肩に反射するような構造になっているので、乾燥の強い秋冬の季節に肩こりはピークを迎えます。

 

■肩こり、まずは目のケアを!

目の自律神経は肩に始まるので、目の乾燥は肩こりを引き起こし、連動している首の筋肉も同時に疲労させます。ですから目をしっかりケアしてあげることで、肩こりを和らげることができます。

目のケア方法

1.手でおさえる

手のひらで眼球を軽く圧迫します。まつ毛を折らないように、まぶたを閉じてゆくような手つきでアプローチしましょう。10秒抑えたら一息いれて、また10秒。これを繰り返します。マスカラやコンタクトレンズなどに注意してください。

2.蒸しタオル

蒸しタオルはあたたかいので血流を改善しますし、乾燥も軽減します。しかも軽い圧迫が加わりますので目のケアには最強です。濡らしたタオルを絞って電子レンジで温めましょう。それを広げて、仰向けで閉じたまぶたの上にのせます。これだけ。コツとしては冷え切る前に外してしまうこと。足りないときにはまた温めてから再チャレンジです。

3.加湿器

実はこれがいちばん簡単かつ有効なのではないでしょうか。そもそも乾燥させない! そもそも疲れさせないというのが重要です。目の疲れ防止であると同時に風邪予防にもなりますから一石二鳥、この時期には欠かせないアイテムですよ。

 

いかがでしたか? どれも簡単にできるケアなので、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。
(均整学園講師/ボディデザイナー/鍼灸均整院-AFINA-院長 小柳弐魄)

【関連記事】
セラピストも実践!毛穴の開き・たるみ・汚れのケア方法4つ

20161028koyanagi00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle