産後の体型戻しに◎たるんだお腹の皮膚を元に戻す3つのケア

産後、ママに多い悩みのひとつはお腹のたるみ。体重は戻ったけれども、次に気になるのは体型ですよね。妊娠して子宮が何倍にも大きくなったので、お腹がたるむのは当然のこと。仕方ないとはいえ、できるだけ早く元の体型に戻したいですよね。そこで今回は、産後の体型を元に戻す3つのケアをご紹介します。

20160921machiyama00

■皮膚のたるみ、骨盤の歪みを整える「産後ベルト」

妊娠・出産を経て体型が変化した女性の体は、ウエストやお尻のサイズアップするだけでなく骨盤の開きや緩みが残っています。緩んだ皮膚や骨盤を元の位置に戻すためには、産後ベルトや産後ガードル、ウエストニッパーなどの着用をお勧めします。リカバリーインナーは骨盤調整効果のほか、伸びてしまった皮膚を元の位置に戻すのに効果的です。

 

■たるんだ皮膚を戻すには「引き締めクリーム」

たるんだお腹を元に戻すには、産後6か月が大事。お腹のたるみを解消するためには、とにかく肌の調子を整えて保湿し、妊娠線予防のオイルやクリームを塗ってひび割れを防止します。と同時に皮膚の代謝を高めてあげることが大切になってきます。おすすめのオイルやクリームは、引き締め効果のある成分や肌細胞を元気にしてくれる成分、実績のあるアイテムを選ぶといいですよ。

 

■お腹を引き締めるエクササイズ

産後、1か月ほどした頃にお腹周りのエクササイズを行います。お尻歩きや軽めの腹筋やヨガの呼吸法、骨盤回しなどを徐々に取り入れてみてください。体調に問題をきたすことのないよう、産後どのくらいからできるエクササイズなのかを調べてから行うようにしてくださいね。

 

産後のお腹ケアは、骨盤調整とお腹のトリートメント、両方からのケアが大切です。モデルや女優は、産後数ヶ月で元の体型に……という書き込みが多いですが普通のママさんは無理することなく出産後の体調を取り戻すことに励みたいものですね。
(ビューティー&ヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
セラピストも実践!毛穴の開き・たるみ・汚れのケア方法4つ

20160921machiyama00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle