大人だからこそ着こなせる。さりげない色っぽコーデ3つ

女性なら多くの方が色っぽい格好に憧れるのではないでしょうか? 30代・40代と年齢を重ねた今だからこそ似合う大人らしさが出た色っぽい格好というものがあるんです。そこで今回は、そんな大人の女性にぜひ試してみてほしいコーディネートをご紹介したいと思います。

20160921nagaoka00

■光沢もあるとろみ感のある素材をチョイス

大人の女性なら、あからさまな肌の露出などで色っぽさを演出するのではなく、素材で実現してみてはいかがでしょうか。そこでオススメなのが光沢感のある素材。動くたび、光の反射が洋服に出て、その陰影感が色っぽさを醸し出します。オススメのカラーはグレーや紺などのシックな色味。それも光沢があって、とろみ感のあるものを選んでみて。黒だと光沢感もあまり目立たないので、あまりオススメできません。また、デザインもゆるっとした抜け感もあるものを選ぶと今っぽく、女らしく仕上がります。

20160921nagaoka01

■体のラインが出る膝下丈のタイトスカート

大人の女性こそ似合う膝下丈のタイトスカートは体のラインがくっきり出て色っぽいアイテム。オススメは黒。それもタイツや靴まで全身黒でまとめると、シックな大人の雰囲気になります。アクセサリーは、シルバーより、ゴージャス感のあるゴールドが黒とマッチ。それも大ぶりのものより小ぶりのもののほうが、品よく仕上がります。合わせるバッグも、あまり色味が強くないものがまとまり感が出てオススメです。

20160921nagaoka02

 

■ちらりと腕見せブラウス

動くたび、華奢な手元がちらりと見えるブラウスは、さりげなく色っぽいアイテムの1つ。それも開き具合が大きなものでないもののほうが、気になる二の腕のカバーにもなってオススメ。色も明るい色より、紺や黒などダーク系の色のほうが、より色っぽさがでます。素材も綿などのカチッとした感触のものではなく、レーヨンなどのとろみ感のあるほうが、動くたび、 さりげなくちらりと肌が見えて色気を感じさせます。

20160921nagaoka03

大人の女性なら、あからさまな肌見せより、ちらりと肌を見せたり光沢感のある素材を選んでみたりして、さりげない色っぽさを醸しだしてみてはいかがでしょうか。
(ライター・長岡宏江)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
ONRARD CROSSET

20160921nagaoka00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle