肌代謝を高めてくすみをオフ。夏の終わりの日焼け肌ケア法

夏にたっぷり紫外線を浴びてしまった肌。紫外線対策してもほんのり日焼けしてしまった時、どうしていますか? エステに行く、ビタミンC配合の化粧品を使う、何もしていないなど選択肢は各々ですが、夏のダメージを回復させるには化粧品に頼ることに加えて、ある行為でさらに肌色を明るくすることができますよ。オイルやクリームがあれば自宅でも気軽に誰でもできます。今回はセラピストの筆者より、「紫外線を浴びてしまったダメージ肌やくすみ肌を明るくするコツ」についてお届けしたいと思います。

20160909machiyama00

■夏のお疲れ肌を改善するコツ

夏にたっぷり紫外線を浴びた肌のダメージを残したまま秋に入ると、その影響が色素沈着や肌のゴワつきとして大きく現れてくることがあります。毎日化粧水や美容液をつけているから安心だと思われますが、歳を重ねている肌は新陳代謝が低下し、水分を維持する機能も低下しています。そのため、秋から冬にかけて大きく変化する気温と湿度の影響でくすみや乾燥、ニキビを引き起こしてしまうのです。こうなると、化粧品や美容液をつけてもなかなか回復しないのが年齢肌の特徴ですが、これを解消するのが肌の新陳代謝を高めてくれるマッサージです。

 

■化粧水や美容液に頼らない!マッサージのメリット

ここで改めてマッサージをすることのメリットを復習します。顔のマッサージを行うと、血行が促進され、皮膚温度が上がります。血行が促進されると新陳代謝が良くなり肌の潤いを保つ力も高まります。マッサージには、キメが整う、肌のツヤとハリが取り戻せる、肌色が明るくなり透明感が出る、しっとり潤う、シワ予防になる、フェイスラインのたるみが解消する、目の下のクマが目立たなくなる、リラックス効果が高まり気持ちが良くなる、などたくさんのメリットがあります。化粧品や美容液に期待していた効果がマッサージで得られるなら、マッサージを取り入れた方がいいですよね。

 

■秋は何を使ってお手入れしたらいいの?

新陳代謝が低下した肌には、美白効果のあるビタミンCやプラセンタ配合の化粧品を。肌の保湿力を高めるにはセラミドやコラーゲン配合の化粧品がおすすめです。マッサージ用のオイルには、肌になじみやすく美容効果の高い、アルガンオイルやホホバオイル、オリーブオイルやスクワランがおすすめです。アロマが含まれたマッサージオイルを使うのもリラックス効果が高まります。オイルマッサージ後にホットタオルをのせて3分くらい蒸すとより保湿効果が高まりますよ。

 

肌は乾燥すると老化が加速するので、くすみやしわ、しみなどを起こしやすくなります。秋冬のおしゃれを楽しむためにも肌のメンテナンスを怠らず、習慣として続けていきたいですね。
(ビューティー&ヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
コスパ最高!美容家に大好評「無印良品の良質オイル」まとめ

20160909machiyama00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle