セラピストが伝授!駆け込みブライダルエステの心得3つ

秋に結婚式を挙げる方も多いのではないでしょうか。急に決まった結婚・入籍。30代以降の結婚式となれば「エステは毎月のメンテナンスです!」という方も多いはず。でも、ブライダルとしてのエステは、初めてですよね? そこで今回は、セラピスト目線のブライダルエステの受け方をお伝えします。

20160830machiyama00

■駆け込みブライダル「1Dayエステ」よりも長期コース!

気づいたら挙式1週間前! もう時間ないし、駆け込みエステだけでも受けておきたい……と即効性のある1Dayコースを受けたい気持ちもわかりますが、お化粧品が肌に合わなくて、肌荒れしてしまったらどうするの? また、施術の中には肌を刺激して代謝を上げるようなメニューもあります。ブライダルエステメニューに記載はあるけれど、挙式直前と分かればサロン側もお断りして最低でも2、3日前に受けていただくように案内することもあります。金額は高額だけれどもある程度余裕を持ったコースの方が挙式当日の肌を輝かせてくれますよ。

 

■「エステ受けているから安心」の油断は禁物

挙式までは打ち合わせや仕事でいつもよりバタバタ。リラックスの時間も大切だからとブライダルエステを受けてくださるお客様もいますが、エステだけでキレイになろうとしてはいけません。エステは肌のターンオーバーに合わせてお受けいただくので月2回のスケジュールで予定を組んでいきます。エステを受けていない日は自宅でのスキンケアと食事、睡眠がとても大切になりますので、暴飲暴食や夜更かしは避け、この機会に生活習慣を見直すくらいの気持ちでいましょう。

 

■睡眠とエステ、どっちを優先する?

参加者のリスト整理やウェルカムボード、メッセージカード作りなど、「一生に一度の結婚式だからいろいろ手作りしたい」と挙式準備を頑張りすぎて睡眠時間を削ってしまうと、目の下にクマ、肌の乾燥、吹き出物……次のエステでなんとかなるかな、と思う新婦さんも多いですが、土台がボロボロの状態では数時間のエステを受けても効果はその時だけ。睡眠時間はしっかり確保して、土台を整えた上でエステを受けていただくとより効果を実感できますよ。

 

駆け込みエステよりも余裕を持ったエステ、エステだけに頼らない、忙しくても睡眠時間は削らない。以上、3つの心得を守って肌も身体も美しい状態で挙式当日を迎えてくださいね。
(ビューティー&ヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
コスパ最高!美容家に大好評「無印良品の良質オイル」まとめ

20160830machiyama00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle