秋コーデのアクセントに◎スリムベルトの今年っぽい使い方

ハイウェストのボトムスが人気の現在、ウエストのアクセントとしてベルトにも注目が集まっています。今年は断然スリムタイプが人気。しかし、今までローライズのベルトのないボトムスにはきなれた人や太いベルトになれた人にとっては、もしかしたら慣れないアイテムかもしれません。今回はコーディネートを印象づけるスリムベルトの使い方をご紹介します。

20160819higuchi05

■まずはカラー選びが大事

靴やバッグと色をそろえて

スリムタイプのベルトはボリュームのあるガウチョやプリーツスカートのようなボトムスと相性◎ 。細いべルトを1本するだけで華奢な印象を与え、コーディネートが引き締まります。ベルトは画像のように靴やバッグとカラーをそろえると調和がとれやすくなります。

20160819higuchi01

 

全体のコーディネートカラーに合わせて

画像のように全体のコーディネートの色に合わせてあげるのもいいですね。ストールの上からベルトをするのも秋にはオススメのコーディネートです。ダークなカラーに白を差すことで、軽快さを与えることができます。

20160819higuchi02

反対色のベルトがアクセントに

アクセントとして目立たせたい場合は反対色になる色をチョイスすると目立ちます。寒色系にはキャメル、暖色系にはカーキやオリーブが反対色でもあり、なおかつこれからの秋のシーズンにピッタリなカラーなのでオススメです。

20160819higuchi03

■バックルなしのベルトで遊び心のあるコーディネートを

こなれ感が出せるサッシュベルト

こなれ感・ラフさがキーワードになっている今シーズン、バックルでしっかり留めるのではなく、サラッと巻くイメージのサッシュタイプに人気が出ています。こちらもストールの上から巻いてますが、オーバーサイズのブラウスやロングカーディガン、冬はガウンコートの上から巻いてもおしゃれに見えます。

20160819higuchi03

 

リボンタイプはキュートな印象に

エレガンスなスタイルや女性らしいスタイルが好みの方はフロントがリボンになっているものがオススメ。プレーンなワンピースの上にするだけでも可愛いですよね。リボンタイプでも画像のような細い革のものだと甘すぎないので30代・40代の方にもつけやすいと思います。

20160819higuchi04

 

ベルト選びに迷ったら…

今年はベルトつきのボトムス、ワンピース、セットアップも数多く出ています。お得な上にコーディネートしやすいので、ベルトが難しい! と感じる人は、まずはベルトつきのアイテムを買うのもいいと思います。

20160819higuchi05

いかがでしたか? そろそろ夏も終わりの雰囲気。革のアイテムをプラスするだけでグッと秋の雰囲気を出すことができます。コーディネートが物足りなくなったら、ぜひベルトをプラスしてみて下さい。
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
ONWARD CROSSET

20160819higuchi05

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle