LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

材料は3つだけ!バナナで作るヘルシーアイスレシピまとめ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

暑い夏のおやつといえば、やっぱりアイスですよね。でも、ダイエット中は脂肪分の多いアイスを食べるのに罪悪感を抱いてしまう…という方もきっと少なくないはず。そこで、今回は材料たった3つで手作りできる、ローカロリーなヘルシーアイスのレシピをまとめてみました。

41652061 - fruit ice cream with fresh banana and mint

■10kg減量ライター直伝!材料3つ「濃厚バナナアイス」

作り方はとっても簡単!たった3つの材料を混ぜるだけです。アレンジでシナモンやバニラエッセンス、ココアパウダーを入れてもおいしいですよ。

材料(2人分)

・中サイズのバナナ:1本
・ピーナッツバター(無糖・無塩タイプがおすすめ):大さじ1
・海塩:ひとつまみ

作り方

1.皮をむいたバナナを、ラップやビニール袋に入れて一晩凍らせます。

20160623ono01

2.凍ったバナナを、2cm程度の輪切りにします。凍らせる前に、あらかじめ切っておいてもOKです!

3.フードプロセッサーやブレンダー容器にバナナ、ピーナッツバター、海塩を入れて攪拌します。

20160623ono04

4.器に盛り付ければ完成! 今回は粒タイプのピーナッツバターを使いましたが、粒なしタイプでももちろんおいしいです。

混ぜることでバナナが少し溶けてクリーミーなテクスチャーになるので、出来上がったら再び冷凍せず、すぐに食べるのがおすすめです。無糖タイプのピーナッツバターを使えば、一人分あたりなんと70〜80kcal程度! 砂糖なしでも海塩でバナナの甘みが十分ひきたつので、かなりの満足感が得られます。筆者はアリサンというメーカーのピーナッツバターを愛用しています。

20160623ono06

 

■バナナとココナッツミルクのアイスクリーム

すでに身体に備わっている抗酸化酵素を活性化させる働きのある「ケトン体」を体内で生み出す「ココナッツ」、水溶性食物繊維やオリゴ糖が含まれた美腸食材「バナナ」、毛細血管を丈夫にしてスムーズな血流をうながす「シナモン」を使ったアイスクリームです。

<材料(1人分)>

・バナナ 1本
・ココナッツミルク 大さじ1
・シナモンパウダー 小さじ1

<作り方>

1. バナナとココナッツミルク、シナモンパウダーをよくかき混ぜます。
2. 型に入れて冷凍庫で凍らせたら出来上がり。

<アレンジ>

キウイなどカットしたフルーツを加えたり、ココナッツや砕いたナッツをまぶしても、おいしくいただけます。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

 

■豆腐ヨーグルトアイスクリーム

<材料>

・絹ごし豆腐 60g 
・バナナ 1本 
・ヨーグルト 200g

<作り方>

ヨーグルトと豆腐は、しっかり水気を切っておきます。 全ての材料をフードプロセッサーでなめらかになるまで撹拌し、冷凍庫で冷やし固めます。 お好みで、ココアパウダーやチョコチップを入れても美味しいですよ。

要チェック!美味しいアイスを作るポイント

1時間に1回かき混ぜながら固めると、なめらかに仕上がります。 ヨーグルトを水切りした際に出る水分は、ホエイといってヨーグルトの栄養が溶け出していますから、スムージーやご飯を炊くときに加えたり、お風呂に入れてもOK。

 

どのレシピもヘルシーなのに満足感たっぷりで、美味しさは筆者お墨付き。ダイエット中の心強い味方になってくれること間違いなしです。使用している食材もダイエット中にはおすすめのものばかりですので、甘いものが食べたくなった時にはぜひ試してみてくださいね!

(LAR編集部)

【関連記事】
ダイエットに◎朝ピンクグレープフルーツの作り置きレシピ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

41652061 - fruit ice cream with fresh banana and mint

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら