プロ直伝!インスタントラーメンを美味しくするコツ4つ

日本人のソウルフードとして老若男女を問わず、誰もが愛して止まないラーメン。自宅で簡単に作れるインスタントラーメンを、常備しているというご家庭も多いでしょう。ですがインスタントラーメンは、やはりお店で食べるラーメンとは別物です。お店のラーメンとは、かけている手間や時間が比べ物にならないのですから、やむをえません。しかし少しの工夫で、いつものインスタントラーメンをワンランク美味しく仕上げることは出来ます。今回は、料理研究家である筆者が、「インスタントラーメンを美味しくするコツ4つ」をご説明いたします。

47001208 - instant ramen


■1:茹でる水とスープは別々に

麺を茹でる際に使用したお湯に、そのまま”かやく”や薬味を入れるのはNGです。麺から出るアクや油も一緒に食べることになるからです。茹でる水とスープは、きちんと分けましょう。


■2:器は必ず温めておく

熱々のラーメンと、冷めたラーメン、どちらを美味しく感じますか? ほとんどの方が熱いほうを選ぶのではないでしょうか。ラーメンにとって、熱さは重要な要素の一つです。器にお湯をいれて温めておくことで、スープを注いだときに冷めるのを防ぐことが出来ます。よく見ているとお店でもよく実践されている、基本のテクニックです。


■3:粉末スープは水で溶く

粉末スープにはでんぷん質が含まれています。いきなりお湯に加えると、でんぷん質が凝固し、風味を損なう可能性があります。粉末だけ先にお水で溶いて、それを後から熱々のお湯に加えるといいでしょう。


■4:お湯でなく出汁を使う

粉末スープを溶く際に使用するお湯を出汁に変えると、格段に深みが増します。わざわざ出汁をとるのが面倒な場合は、出汁の素や、鶏ガラスープの素、中華スープの素を加えましょう。


いかがでしたか? インスタントラーメンとお店のラーメンは確かに別物ですが、だからこそ、お手軽に美味しくインスタントでいただきたいもの。ぜひ今回ご紹介したコツを参考に、美味しいインスタントラーメンを召し上がってください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
プロが教える「冷ややっこが劇的においしくなる」コツ4つ

47001208 - instant ramen

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle