風水鑑定士に聞く!運気をアップする「夏祭り」の心得5つ

夏はフェスやイベントなど、全国各地でその土地ならではのお祭りが目白押し。お祭りの中には参加すると運気が上がるような縁起の良いものもあるようです。風水的なご利益も期待できるので、今回は風水鑑定士の福岡和昭さんに「祭りに行くと良い理由、運気を上げる夏祭りの心得」を教えてもらいました!

47884317 - summer festival

1.お祭りは必ず複数で行く

お祭りやイベントなど人が集まる場所は、一人で行くと絡まれたり、悪い仲間に勧誘されたりする可能性があります。 そのために、家族や友人、恋人と行動を共にすることをおすすめします。複数で行くことで 人のご縁から、良い人とも出会えるかも知れませんよ。

 

2.お祭りは参加することに意義がある

お祭り自体に参加することが運気を上げると言われます。 かと言って、何もお神輿を担ぐという事ではありません。 神輿が傍に来たら、声援をしてあげること、 そして一緒に楽しむことが大事です。

 

3.思い出作りに「縁日」へ行く

お祭りのつき物と言えば縁日。 ぜひ小さな子供や、近所の知り合いの子供を連れて行きましょう。 子供といけば当然のごとく、金魚すくいや射撃などをせがまれるでしょう。 それを子供と一緒になって、あなたもやってみることです。 童心の思いにふけるのと同時に、子供にとっても思い出となって残っていきます。

 

4.花火大会には手作り料理を

花火大会の当日は朝から場所取りをされる方も多いですよね。料理が得意でなくても、おにぎりやサンドイッチ、卵焼きやソーセージなどを作って持って行きましょう。 花火鑑賞をしながら食べる食事は、買ったものより作った物の方が数倍も美味しく感じます。 またお裾わけをした方々より、運気招聘となっていかれるでしょう。

 

5.郷里の神社へ出向く

夏祭りや野外イベント、花火大会も楽しいですが、夏は里帰りをする方も多いですね。里帰りしたら是非行っていただきたい場所があります。子供の頃に山車や神輿などで出向いた神社へ足を運んでみましょう。 「あんな大きな……」と思っていたことが、きっと小さく感じられるでしょう。 そして何よりもその当時の思いに馳せ、友人たちと行く末を感じるのも良いです。 心が清らかな気持ちになりますよ。

 

以上、5つを教えてもらいました。夏祭りやイベントもそろそろ終盤ですが、9月頃までやっているイベントもありますので、心得を意識して参加してみてはいかがでしょうか。これから実りの秋、収穫の秋となるので秋祭りに出かけてみても良さそうですね!
(ビューティー&ヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
家にあるもので簡単!「ヘアブラシ・くし」掃除方法3つ

47884317 - summer festival

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle