LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

夏は青汁!天然のサングラス成分たっぷりの青汁で瞳ケア

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

日差しが強くなってくると、お肌のUVケアに加え、気を付けたいのが瞳のUVケアです。現代では、紫外線だけでなくPCやスマホのブルーライトの刺激など、目を酷使する生活スタイルが一般的なため、瞳には常に負担がかかっています。紫外線の強い季節はサングラスをかけることに加え、“天然のサングラス”と呼ばれる「ルテイン」が豊富なケールを食べてみましょう。瞳もお肌もケアできるようですよ!

A28875646_m

 

■天然のサングラス「ルテイン」が瞳もお肌も守る理由

 

ルテインは、身体の中では目の黄斑部や水晶体に多く存在するカロテノイドです。強力な抗酸化作用があり、紫外線やブルーライトによって瞳に発生した活性酸素を除去して瞳の健康を保っています。瞳だけでなく皮膚にも存在しており、同じように活性酸素からお肌を守る働きがあるため、ルテインを摂ることで瞳ケアとお肌のケアが同時にできるのです。ルテインはもともと身体に存在する成分ですが、体内で合成することができません。年齢とともに減ってくることや、活性酸素が発生しやすい環境で消費されることから、食べものから摂る必要のある栄養素のひとつと考えられています。

 

■ルテインなら「ケール」がおすすめ

 

ルテインは、ホウレン草やかぼちゃなどの緑黄色野菜の色素成分です。ケールには、ホウレン草の2倍以上のルテインが含まれています。ルテインだけでなく、ビタミンC、E、β-カロテンなどの抗酸化ビタミンのほか、免疫力を高める働きも期待されていますから、積極的に食べたい野菜です。

 

■ケールを摂ろう!身近な食品とポイント

 

・身近なケール食品といえば「青汁」

最近では、サラダケールなど食べやすいケールも販売されていますが、毎日続けるためには手軽さも必要です。ケールは青汁の原料となっている場合が多いので、ケール100%の青汁は、手軽にケールが摂れるおすすめ食品です。

 

・油と一緒に摂れば◎

ルテインは脂溶性のため、油と一緒に摂ることで吸収が高まります。青汁ならオリーブオイルや亜麻仁油などの良質オイルを加えるといいですね。

お肌だけでなく、瞳の健康もとても大切です。澄んだ瞳をキープできるようにルテイン摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方

【参考】
成分情報 ルテイン - わかさ生活
成分情報 ケール - わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

A28875646_m

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら