セラピストも実践!毛穴の開き・たるみ・汚れのケア方法4つ

30代・40代女性が気にしている毛穴の悩みは、黒ずみや開き、加齢によるたるみ毛穴など、種類はいろいろ。加齢や間違ったスキンケア、生活環境や生活習慣など様々な要因で開いてしまった毛穴をどうにかして元に戻したい! そこで今回はセラピストも実践している、毛穴ケアの悩みに対応したケア方法を4つ紹介します。

20160805machiyama00

 

■最初のステップは「乾燥肌克服」です!

サロンやスパなどでエステを受けた時、「お肌が乾燥していましたね」などと言われたら、まずは、毛穴のお掃除や角質ケアよりも、乾燥肌を改善するスキンケアを見直したほうがいいかもしれません。乾燥肌をそのままにしておくと、皮脂が過剰になり毛穴の開きの一因に。まずは乾燥を防ぎ、皮脂のバランスを整えて保湿中心のお手入れに切り替えましょう! 乳液や美容クリームなど油分が多い化粧品は控え、化粧水や保湿ローションなどのフェイスパックで、肌に水分を与えてあげてください。

 

■皮脂詰まりや毛穴の汚れには「炭酸水」を活用

炭酸水が効果的なワケ

コンビニでも買える炭酸水でOKです。炭酸水に含まれる二酸化炭素が皮膚から吸収されると、二酸化炭素を排出しようと毛細血管から血管を広げる物質が分泌されます。すると血行が良くなり、酸素や栄養素も積極的に細胞の中に取り入れようとするわけですが、その時、皮脂や古い角質などの汚れも除去してくれるのです。

ザラつきにも◎

肌のザラつきが気になったら、炭酸水で洗顔するだけでもいいですし、コットンに炭酸水をしみこませてパックとして活用するのもよし、コットンでふき取れば、ピーリングのような作用も期待できます。

 

■小鼻の毛穴・頬のたるみ毛穴は「ハマメリス水」で引き締め

「ハマメリス水」ってご存知ですか? 昔から収れん作用が知られており、化粧水にも使われています。肌を引き締め、キメが整う作用があるため、気になる小鼻の毛穴やほっぺのたるみ毛穴・開き毛穴以外に、ニキビ肌にも効果的だと考えられています。夏の過剰な皮脂分泌によるテカリが気になる方は、あぶらとり紙を使用するよりも、スキンケア時にハマメリス水の化粧水を含ませたコットンでやさしく丁寧にパッティングをしてみてください。

 

■たるみ毛穴には「ビタミンC誘導体」

ビタミンC誘導体の配合コスメはみなさんもご存知の通り、加齢によるたるみやシミへの効果が期待できます。弾力と潤いが戻り肌がふっくらすれば、たるんだ毛穴がキュッとふさがります! 皮脂分泌の抑制作用も知られているので、テカリ予防にも◎。ビタミンC誘導体配合コスメは、小鼻や頬など毛穴が目立つ部分に集中ケアとして使うことをおすすめします。

以上4つがどんな毛穴の悩みも改善してくれる方法です。どの毛穴も乾燥肌が大好きなので、潤いのある肌づくりを目指しつつ、それぞれの悩み別で対策をしていきましょう!
(ビューティー&ヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
コスパ最高!美容家に大好評「無印良品の良質オイル」まとめ

20160805machiyama00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle