LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

夏のお疲れ胃腸に◎混ぜるだけコクうまドレッシングレシピ

尾野真美子

Profile_尾野真美子

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

まだまだ暑い日が続きますね。何となく夏バテっぽかったり、食欲がわかなかったり、便秘がちな人、少なくないのではないでしょうか? 暑い日が続くと、どうしても冷たいものを食べたり飲んだりする機会が増えます。冷たいものが体内に入ると、内臓が冷え、胃腸の活動が弱まり、胃酸の分泌量が減ったり腸がスムーズに動かなくなってくるのです!

20160825ono00

■お疲れ胃腸の人にぴったりな食材って?

では、どうすればお疲れ胃腸を脱せるのでしょうか? 一番大切なのは、冷たいものを食べ過ぎず、内臓を冷やさないようすること! それに加えて、胃腸の回復を促してくれる食材をぜひ積極的に摂るようにしてみましょう。

おすすめは、玉ねぎ、ニンニク、りんご!

玉ねぎやニンニクには、におい成分のもとであるアリシンという栄養素が含まれています。これは、胃酸の分泌を促し、胃を活性化してくれるので、まさに胃が疲れがちな人にはぴったり! また、りんご、特に皮の部分にはペクチンと呼ばれる食物繊維が含まれており、腸内環境を整えるのを促してくれます。便秘がちな人は積極的に摂りたい食材の一つ。

 

■混ぜるだけ!超簡単ドレッシングレシピ

そこで今回は、玉ねぎ、にんにく、りんごを一気に摂れる、簡単コクうまドレッシングレシピをご紹介します。 りんごは皮ごと使うので、できればオーガニックなものを選ぶことをおすすめします。

<材料>(4-5人分)

たまねぎ・・・1個

にんにく・・・1片

りんご・・・1/2個

はちみつ・・・大さじ2(なければメープルシロップでもOK)

塩・・・・・・小さじ1

お酢・・・・・50ml(1/4カップ)

油・・・・・・100ml(1/2カップ)※オリーブオイルや菜種油がおすすめ

しょうゆ・・・50ml(1/4カップ)

<作り方>

1.玉ねぎとにんにくは皮をむいてざく切りにし、りんごはよく洗って皮のままざく切りにする

2.その他の調味料と一緒にフードプロセッサーやミキサーに入れて、どろっとした液状になるまで攪拌したら、完成!

葉っぱをメインに使ったグリーンサラダにかけるのはもちろん、水切りして薄めに切ったお豆腐にかけて、カルパッチョ風にアレンジしても美味しいですよ。余ったドレッシングはビン等の保存容器に入れて、冷蔵庫で保管し、3-4日以内に食べきってしまいましょう。

 

いかがでしたか? まだしばらく暑い日が続きそうなので、ぜひ胃腸にやさしい食材をうまく摂りいれて、この夏を乗り切りましょう!
(ホリスティックセルフケアインストラクター・尾野真美子)

【関連記事】
加熱の手間なし!美味しく見た目も◎な夏の缶詰レシピ3つ

【参考】
ペクチン-わかさ生活
たまねぎ-わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20160825ono00

Related Article関連記事

ピックアップ

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら