LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

間食ならコレ!ダイエット中のおすすめおやつ&選び方

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

もともとおやつは、3食では栄養をまかないきれない子どものもの。成人女性には必要のないものと言われていますが、それでは心が折れてしまいます。ならば太りにくく、満足感もしっかりあって、さらにデトックス効果も期待できるものをいただけばいいのです。ダイエットのサポートにもなる、おやつ選びのポイントをご紹介いたします。

20160803motoyama00

■砂糖と油がどちらも使われているものは避ける!

間食と言えば、スイーツやスナック菓子などが好まれますが、ひとつ問題があります。それは、砂糖と油が使われていること。これらを同時にとる食べ方は太りやすいのです。理由は、砂糖をとると血糖値が上がることにあります。血糖値を正常な値に下げようとインスリンというホルモンが分泌されますが、脂肪の合成をうながす働きも持っているので、油が体内にとり込まれると、あっという間に体脂肪として体にたくわえられてしまうのです。ですから、太りたくなければ砂糖と油をダブルでとることは避けたいもの。洋菓子よりも和菓子のほうが太りにくいとされている理由も、ここにあるのです。

 

■甘いものが欲しいときは、かぼちゃ&さつまいも

では、太りにくく、さらにきれいになるためには、どんなおやつを選べばよいかと言うと、ビタミンと食物繊維がふんだんに含まれたものです。そして満足感を得るために、少量の良質な糖分と油も必要です。この条件を満たすものは、かぼちゃとさつまいも。自然な甘味もありながら、ビタミンも食物繊維もたっぷりの素敵な食材です。電子レンジでホクホクにふかして、ほんの少しのバターとメープルシロップを落としていただきましょう。食べごたえも十分、デトックス効果も狙えます。

メープルシロップは最高の甘味料!?

このメープルシロップですが、ミネラル、ビタミン、アミノ酸が豊富に含まれているうえ、砂糖と比較するとカロリーも少ないので、女性にとっては最上と言える甘味料です。さらに日常の食事で不足しがちな、たんぱく質や糖質の代謝に不可欠な亜鉛や、余分な塩分を排出してむくみを防いでくれるカリウムといった美しさに欠かせない栄養素をバランスよく含んでいます。甘みが欲しいときは、ぜひメープルシロップを活用してください。

 

■手作りポップコーンは塩気が欲しいときに◎

塩気のあるおやつが食べたいときは、フライパンでポップするタイプのポップコーンがおすすめ。スナック菓子ながら、食物繊維がたっぷりとれます。自宅で作れば塩分も油分も調節できるので、理想のフィンガーフードに。カレーパウダーやチリペッパー、シナモンやバジルなど、お好みのスパイスを振れば、おしゃれな一品に!

 

おやつタイムに不足しがちな食物繊維と各種のミネラルを補えば、デトックス効果ばかりでなく基礎代謝も上がることが期待でき、いっそう太りにくく、痩せやすい体に整っていきます。上手に間食して、美味しく、楽しくダイエットに取り組んでくださいね。
(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

 【関連記事】
ヤセ菌も増える!?おすすめ美腸おやつ「パイナップル」

【参考】
ケベック・メープル製品生産者協会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20160803motoyama00

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事