作家ものがネットで買える!人気ハンドメイドサイト4つ

インターネットショッピングが定着してきた現在、作家個人が販売できるハンドメイドサイトが人気です。今まで作家ものは、個展やセレクトショップ、作家個人のサイトを通して購入など、なかなか買いにくいものも多かった印象ですが、ハンドメイドサイトだと手軽にチェックができる上、決済方法が簡単だったり、発送の不安が少なかったりと、グッと購入しやすくなっています。時間がないときでも携帯やスマホから購入できるので、仕事や家事に追われがちな時間のない30代・40代の女性におすすめです。

20160809higuchi00

■本格的なものがいっぱい!ハンドメイドサイトって?

プロ・アマ問わず商品を登録して購入できるWebショップの形態から、さらにハンドメイドに特化したもの、販売する側が自分のオリジナルサイトをもたなくても販売でき、サイト側が作家や作品をキュレーションすることで、お客様の購買意欲をかきたてるサイトづくりをしているのが特徴。ハンドメイドといっても本格的な作品が多く、作家直販のためか価格も手頃なものも多い印象です。現在、数多くのハンドメイドサイトが出てきていますが、今回は人気のハンドメイドサイトを4つご紹介します。

 

■人気ハンドメイドサイト4選とその特徴

アトリエや雑誌まで!CMでもおなじみのminne

minneはCMも流れているので、ご存じの方も多いのでは? 服や雑貨に限らず食品まで幅広く取り扱っています。特徴は作家数、商品数が多いこと。作家をフォローしたり、直接やりとりが出来るので、商品の質問や発送の相談などができます。またアトリエや実店舗での販売イベントもあるので実際に見られる機会があるのもうれしいポイント。自分でも作りたい人やさらにハンドメイドの世界に触れたい人は雑誌を見るのも楽しいと思います。商品数が多いとそれだけ自分に合う商品を見つけられる可能性が高いです! アプリもあるのでスマホからの購入もラクチン。

20160807higuchi01minne

作り手インタビューも充実!Creema

Creemaもアプリがあり、作家をフォローしたり、メッセージをやりとりする機能の搭載、食品の販売…など機能的にはminneと相違がないのですが、作り手インタビューのページがあるので、ネットからでもより深く作家のことを知ることができます。決済方法はクレジットカード決済、コンビニ払い、銀行振込、auかんたん決済、ドコモケータイ払いでの決済も可と、携帯での支払いと一緒にしたい方におすすめ。作り手側も、Creemaに発送代行までお願いできるようなので、発送に関する不安なども少なそうです。

20160807higuchi02Creema

海外作家も!本格派希望におすすめのiichi

iichiは海外での販売をいち早くはじめており、海外販売のための作家へのバックアップが手厚いのが特徴。アジア最大級のデザイナーズマーケットを運営するPinkoiともコラボしているため、本格的に制作する作家が多く、商品のクオリティが高いようです。全体のトーンとしてはナチュラルテイストの雑貨・洋服が多いので、ナチュラルテイストが好きな人には選びやすいと思います。決済方法はクレジットカード決済、銀行振込、コンビニ払い、となっています。

20160807higughi03iichi

手芸好きや作ってみたい人にもおすすめのtetote

tetoteは洋裁雑貨でおなじみのクロバー株式会社が提携しているので、洋裁雑貨の充実はもちろんのこと、tetote-noteでは自分でハンドメイトをやってみたい初心者向けや、子ども用品に関する手芸用品のレシピも多く、主婦の方向けのものが多いのが特徴。決済方法はクレジットカード決済、銀行振込、コンビニ払い、ネットバンク振込があります。

20160807higuchi04tetote

この4つ以外にも、たくさんのハンドメイドサイトがあります。それぞれサイトごとに特徴があるので、自分に合ったものを選んでみて下さい。家にいながらあなたのお気に入りの作家に出会えるチャンス!
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
※minne
※Creema
※iichi
※tetote

20160809higuchi00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle