スタイリストが教える30代・40代の「着やせピンク」コーデ

若い頃は鮮やかな色をまとうことも多かった夏。年齢を重ねるごとに地味なカラーしか手に取っていない…という方は多いのでは? 着こなし次第でカッコよく着こなせるダークカラーは、良くも悪くも無難な印象。お顔周りをより一層くすませてしまう可能性も。そんな夏、取り入れたいのが密かなトレンドカラーとなっているピンク。落ち着いた印象で30代・40代にこそ似合ううえ、お顔の印象もパッと華やかに若々しく見せてくれます。そこでスタイリストである筆者が、大人女性的なトレンドピンクの選び方、取り入れ方をご紹介します。

160722morita00

 

■夏のトレンドピンクはこんな色!

今年トレンドとされているピンクは、ビビッドな派手カラーではありません。灰味がかった「ダスティピンク」と呼ばれるくすんだピンクや、ベージュに近いピンクベージュが主流。上品でおしゃれ、しかも大人女性に似合うエレガントな色。落ち着いた印象を与えてくれるので取り入れやすいピンクなのです。

20160722morita01

意外かもしれませんが、合わせる色を選ばず、ダークカラーからライトカラーまで幅広くコーディネートすることができるところもうれしいポイントです。

 

■大人女性的トレンドピンクの取り入れ方!

初級編:トップスに取り入れて華やかな印象に

最も簡単にピンクを取り入れるならトップスに。顔周りに明るい色味を持ってくることでお肌の血色もよく見え、女性らしい印象がプラスできます。コーディネートの中に一つ締め色を入れてあげると、膨張することなくまとまります。

20160722morita02

 

中級編:ボトムスに取り入れてこなれ感をプラス!

トップスに取り入れるよりもハードルが上がりますが、確実におしゃれに見えるボトムスピンクのスタイル。くすみピンクやピンクベージュなら、ホワイトに近い感覚でコーディネートできます。こちらもどこかに締め色を作り、メリハリを。

20160722morita03

 

上級編:靴に取り入れさりげないオシャレを狙う!

さらに靴にピンクを取り入れるとさらなるオシャレ度が狙えます。こちらもベージュなどに近い感覚でコーディネートして大丈夫。パンプスなどきれいめなシューズを選ぶとかわいさとかっこよさの両方が手に入ります。

20160722morita04

ネクストベージュ、ネクストホワイトとして積極的に取り入れてほしいトレンドのピンク。ピンクの持つ女性らしさと上品さは向かうところ敵なしの最強色です。自分に馴染むピンクを見つけて一歩先を行くオシャレコーディネートを楽しんでみてくださいね。
(スタイリスト/ライター 森田文菜)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
ONWARD CROSSET

160722morita00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle