看護師が教える「蚊にさされ」対処法&常備したいもの

暑くなり虫刺されの時期になりましたね。蚊にさされると痒みや赤み、そして30代以降になると痕が残るなど、うれしくないことばかり。そこで今回は看護師・ホリスティックビューティインストラクターである筆者が、蚊にさされたときの対処方法についてお伝えします。

20160720ichimura00

 

■蚊にさされたとき、大人と子どもでは違う反応が起こっている!?

蚊にさされてかゆくなるのは、アレルギー反応の一種です。アレルギーにはすぐに症状が出る即時型反応と、少し時間が経ってから症状が出る遅延型反応があります。赤ちゃんや子どもは遅延型ですが、大人になると即時型が多くなってきます。30代以降はほとんどが即時型。そのためお子さんは蚊にさされたときはなんともなくても、1〜2日後に腫れたり痒くなったりすることがあります。

 

■とにかくかいちゃダメ!痒みをおさえる対処法

腫れて痒くなるとき、私たちの肌では炎症が起こっています。蚊にさされたら、この炎症を広げないことが大切になります。掻いちゃだめ、と分かっていても、痒みはなかなか我慢できるものではありませんよね。しかし掻いてしまうと治りも遅くなるばかりか、痕が残ってしまうこともあります。かゆみを抑える対処法をお伝えします。

・洗ってから冷やす

蚊にさされは傷と同じような対応をするのが望ましいので、まずは刺された部分を洗い、そのあとは冷やしましょう。外で刺されてしまったときはペットボトルのお水を購入して洗い、そのままペットボトルで冷やすとよいですよ。

・常備したい!ステロイド配合の痒みどめorティーツリーの精油を塗る

市販の痒みどめを活用しましょう。炎症が広がっているときや痛みもあるような場合は、ステロイドが配合されているものを使用したほうが早く治ります。筆者は常にティーツリーの精油を持ち歩いているので、ムズムズしてきたらすぐに塗ります。ティーツリーは傷や吹き出物などにも原液のままつけられるので、ポーチの中に1本持っておくと便利ですよ。

いかがでしたか? これからアウトドアやビアガーデンなどを楽しまれる方も多いと思いますので、お役に立てると嬉しいです。
(看護師/ホリスティックビューティインストラクター 市村幸美)

【関連記事】
コスパ最高!美容家に大好評「無印良品の良質オイル」まとめ

20160720ichimura00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle