お腹ヤセ諦めないで!お腹美人になるエクササイズその1

暑さにグッタリ、ジムにも行かずにゴロゴロしていたら、あっという間に7月半ば。今年こそはキレイに引き締まったお腹を披露しようと思っていたのに、半ば諦め気味…という人も多いかもしれません。 しかし、お腹ヤセはいつでも可能です! そこでエクササイズディレクターである筆者より、今回から3回シリーズで「お腹美人になるエクササイズ」をご紹介していきます! ぜひ、あなたに合ったエクササイズでお腹美人になって下さい。

 

■大人の女性がボディラインをキープする方法

お腹を引き締めたいと思うのは、おばさん体型になりたくない。つまり老けてみられたくないからではないでしょうか。しかし、誰でも平等に歳をとりますが、加齢による衰えは努力によっていくらでもペースを落とす事は出来ます。

ちょこっと運動を習慣に

 例えば、歳をとるにつれ、視床下部にあるレプチンの受容器官が減るために満腹感を送るシグナルが少なくなり、体重が増加する傾向にあります。これは仕方がありませんが、毎日30分歩く、筋トレを週3回するなど基礎代謝を上げる努力で体重増加を食い止めることが可能です。

 

腹八分目を意識する

お腹がパンパン! になるほど食べると体が重い、頭がぼーっとして眠くなる、といった経験は誰でもあると思います。しかし、適量もしくは腹八分目にした時は逆にやる気が起きたり、頭が冴えたりします。これは細胞も同じで、体重が減るもしくは、適切な体重であれば、細胞が敏感に反応し、レプチンの働きも正常に反応します。

詳しくは関連記事またはLARの過去記事より「食べ過ぎたら即リカバ―!「罪悪感を軽くする」4つの方法」をご覧くださいね!

 

■あなたは平気?バランスエクサでカラダ年齢をチェック!

このエクササイズは、脇腹やヒップラインの引締め効果が期待出来ます。動きも立膝になり両足を前に出すだけ。しかし、意外とバランスが取りづらい、足を前に出すのが辛いと感じる人も多いかもしれません。理由は、腹筋や背筋と言った体幹の筋力が低下している。もしくは、股関節など関節の可動域が狭くなっているなどが考えられます。つまり、体の加齢度合いが如実に表れます。

動作のポイント

足を前に出す時にバタン! と下ろさず、音を立てないように意識しましょう。これは、脚の筋肉は腸腰筋(=大腰筋+腸骨筋)が使えていないために、脚の筋肉だけで動作しようとしているからです。普段階段を上る時や歩く時にバタバタ音がする人は、脚の筋肉は発達(太い)していますが、お腹の筋肉は低下(太い)している人が多いです。是非、音を立てず、ふらつかず、動作してみて下さい。

 

 実践したい期間

 3週間トライしてみて下さい。必ずボディラインに変化が現れます。

 

やり方

1. 膝立ちになり両腕を胸の前でクロスします。つま先は床に立てて、膝から肩まで縦一直線になるように、姿勢を整えましょう。

20160714kazuyomori01

2. 膝が90度になるのを目安に右足を大きく前に一歩。このとき、
・バランスを崩さない
・足で床にすらないようにする
・左右の肩の高さが変わらないようにする

20160714kazuyomori02

3. そのまま右足を後ろに戻します。

20160714kazuyomori03

4. 反対側も同様に動作しましょう。左右8回を1セット。慣れてきたら2セットを目安に動作しましょう。

20160714kazuyomori04

いかがですか? このエクササイズは、 お腹美人になるためのいわばウォーミングアップと言っていいかと思います。ぜひ気軽にトライして、効果を感じてみて下さい。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

20160714kazuyomori04

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle