お酢×牛乳=飲むヨーグルト!?劇的おいしい酢の割り方4つ

健康や美容のために、お酢を飲む方もいますよね。ダイエットや夏バテ防止のために、ますますお酢が重宝されるシーズンです。しかし独特の酸っぱさや味わいから、無理して飲んでいる方や、諦めてしまった方も多くいらっしゃるのでは? そこで今回は料理研究家である筆者が、「そのままだと飲みにくいお酢を、劇的に美味しくする合わせドリンク」をご紹介いたします。流行りの紅茶キノコが、どうしても酸っぱくてツライという方にもオススメできますのでぜひお試しを。

160719chiekoogawa00

 

■1:炭酸水

シュワシュワと爽やかな炭酸が、お酢独特の酸味と味わいを飛ばしてくれます。お酢が苦手な方にとくにオススメしたい、格段に飲みやすさが向上する割り方です。炭酸水自体には味がありませんので、リンゴやキウイなど同じく酸味のあるフルーツを加えると甘味が生まれ、さらに美味しくいただけます。

 

■2:ヨーグルト

お酢の酸味とヨーグルトとの酸味が非常にマッチします。元々酸味が強く、ほんのり酸っぱいヨーグルトですが、別の酸味と合わさることで、味に深みが生まれます。お酢本来の酸っぱさも、ヨーグルトを食べていると意識することで、ほとんど感じなくなるので、お酢が苦手な方でも美味しくいただけるのではないでしょうか。

 

■3:牛乳

牛乳にお酢を入れると、飲むヨーグルトのような味わいになります。ただ単にお酢と混ぜ合わせるだけでは甘味がなく、酸っぱさだけを強く感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。ザラザラと分離してとても美味しく飲めない場合も。そんなときは適量のお砂糖やバナナと合わせてミキサーにかけると、ほんのりとした甘さが鼻にぬけ、格段に飲みやすい健康バナナシェイクの出来上がりです。

 

■4:野菜ジュース

野菜ジュースはコクと野菜の旨味がもともと深く、それが苦手な方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、そんな方にこそオススメなのが、お酢を加えること。調理に加えて酸味を出すために用いられるお酢が、野菜ジュースと相性が悪いわけがありません! ほどよい酸味が野菜の甘みを引き出し、冷製スープのような味わいに。野菜ジュースが苦手なお子さんにもオススメの超健康ドリンクです!

いかがでしたか? 美容や健康に良いとされ、最近では飲む専用のものまで販売されているお酢。いくら体によいとは言っても、味が好きになれず、無理矢理飲むのは大変ですよね。そんな方は、ぜひ今回ご紹介した割り方をお試し下さい。美味しく、健康によいドリンクで、きっと大満足いただけると思います!
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方

160719chiekoogawa00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle