超簡単!消しゴムでスエードパンプスの汚れを落とす方法

オンでもオフでも、どんなシーンでも大活躍のスエードパンプス。30代・40代のエイジング世代なら一足は持っているのでは? 重宝するものの、ちょっとこすってしまっただけで汚れてしまう…という難点も。特に薄い色の場合は、汚れが目立ってしまうのも気になりますよね。今日はスエードパンプスの汚れを消しゴムを使って簡単に落とせる方法をご紹介します!

160713ono00

 

■パンプスの汚れ落としに「消しゴム」がかなり使える!

まずは汚れのタイプをチェック!

今回の方法はフェイク・本革どちらのスエードにも活用できますが、ベタっとついてしまった油のような汚れには対応できません。そういった汚れの場合は、靴屋さんなどプロのクリーニングで落とすようにしましょう。

 

いざ!消しゴムの使い方をご紹介

パンプスで一番多くつきやすい擦り汚れを落としたいとき、実は消しゴムがとても使えるんです! 実際に汚れがついてしまった筆者のパンプスを参考に、落とし方をご紹介します。

20160712ono01

まずは消しゴムを用意します。選び方のポイントは、硬さや消しカスのタイプにあります。シャープペンシルの先端についているような硬い消しゴムだと、ポロポロとたくさん消しカスが出て、汚れが落としづらいことも。消しカスがまとまって出るプラスチック製の消しゴムが使いやすくておすすめです。

消しゴムのきれいな部分をパンプスの汚れ部分にあて、汚れを優しくなでるように軽くこすります。ごしごし強くこすると生地が傷みやすいので注意!

20160712ono03

消しカスと一緒に、汚れがキレイに落ちました!

20160712ono04

 

■消しゴムで汚れを落とすときのポイント3つ

1.パンプスは乾燥させてから

雨や湿気の多いシーズンですが、パンプスが濡れていたり湿っていたりすると、汚れが取れづらくなります。必ず乾いた状態で試すようにしてください。

 

2.消しゴム表面の汚れを落としてから

消しゴム自体に汚れがついていると、パンプスをこすった時に、その汚れが逆についてしまうことがあります。消しゴムの表面の汚れを落とすか、きれいな面を使うようにしましょう。

 

3.仕上げはきれいなブラシで

消しゴムを使った後に表面がうっすら白く見えるようになることがありますが、そういった時はシューズブラシやきれいな歯ブラシを使って、力を入れずに周辺の生地をやさしくなでましょう。元通り色が馴染みますよ。

ちょっとした汚れでも、ついているのとついていないのでは、見た目の印象がかなり変わってきます! ぜひ自宅の靴箱を見直して、汚れているパンプスがあったらお手入れしてみてください。
(ホリスティックセルフケア・インストラクター 尾野真美子)

※記事内の情報は、ご自身の責任においてお試しいただきますよう、お願いいたします。

【関連記事】
家にあるもので簡単!「ヘアブラシ・くし」掃除方法3つ

160713ono00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle