30代・40代もツヤ肌&立体感!スティックハイライト3選

肌のくすみやハリが気になる30代・40代は、メイクでもカバーする必要があります。仕上がりにこだわってアイテムを厳選すれば、−5歳肌を叶えるのも夢ではありません! そこで今回はアンチエイジングアドバイザーの筆者がおすすめする、ツヤと立体感をプラスして−5歳肌を叶える効果が期待できるスティックタイプのハイライトをご紹介します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

 

■こんな時にスティックハイライトを!

ハイライトには、筆ペンタイプ、練り状タイプなど様々な形状がありますが、使う場所や仕上がりの好みによって使い分けるといいでしょう。スティックタイプは、ぴったりと肌にフィットし崩れにくいという利点があるので、長時間お直しができない時や、より自然な仕上がりを求める時におすすめです。

 

■スティックハイライトの使い方

先端が太くないアイテムは直塗りもOKですが、先端に太さがある場合は、指かスポンジにとってから塗りましょう。使うタイミングは、ベースメイクを仕上げてから塗るのが一般的ですが、さりげないツヤや立体感を仕込みたい時には、ファンデの後・フェイスパウダーの前に使うのがおすすめ。使う場所は、頬のトップや鼻筋、上唇の上、顎などです。

 

■色白の人・ツヤ感を重視したい人に

グロースティック/RMK

ピンクがかったベージュ色のハイライト。ファンデの上、またはフェイスパウダーの上から指またはスポンジで塗ると、肌そのものをトーンアップしながら内側から発光するようなツヤが演出できます。色白の人や、ツヤ感を重視したい人に特に向いています。
(3.4g 税抜価格2,000円)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

 

■さりげない立体感を出したい人に

チャビー スティック スカルプティング ハイライト (ハイライト用スティック)/クリニーク

ベージュ色のハイライト。肌なじみがいいので、どんな肌色の人でも比較的使いやすいのが魅力です。スポンジや手に取ってなじませると、色みを残さずに輝きだけをプラスできるので、さりげない立体感が出ますよ。
(税抜価格3,500円)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

 

■美肌を偽装したい人に

ザ マルティプル/NARS

アイ・チーク・リップ・ボディとマルチユースできる便利な商品。ハイライトとして使用するなら、淡いピンク色の1501番がおすすめ。指またはスポンジにとってなじませます。肌に溶け込むような色みで、配合された粒子の細かいパールで美肌が偽装できますよ!
(14g 税抜価格4,800円)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

寝不足や疲れ、肌そのものの老化などで、肌のくすみやハリの低下が気になる時こそ、ハイライトを駆使してエイジレスなツヤ肌を演出してはいかがでしょうか。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
30代・40代クマの色別!美容家おすすめ「コンシーラー」4つ

【参考】
RMK グロースティック - RMK
チャビー スティック スカルプティング ハイライト (ハイライト用スティック) - クリニーク
ザ マルティプル - NARS

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle