LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

年齢肌に警報!?秋の3大敵からお肌を守るスキンケアのポイント4つ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

紫外線が降り注ぐ夏が終わったかと思いきや、「紫外線・花粉・乾燥」の3拍子が揃って年齢肌を襲う秋の到来。一年中で一番肌の老化があらわれやすいこの季節こそ、徹底したスキンケアを心がけたいものですね。秋に注意するべき4つのスキンケアをご紹介します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

1.油断大敵!秋のニキビケア

多くの人が、ニキビケアをさぼりがちになってしまうのが秋の怖いところ。ですが、秋の間にニキビが発生し、その状態で大人ニキビが最も悪化しやすい冬を迎えるのは避けたいものです。ニキビの原因となる角栓が多発し始めるのもこの時期から。肌バリア機能を維持するために、過剰な洗顔を控えて水分をたっぷり補いましょう。角栓発生を防ぐには、冷えによるホルモンバランスの乱れを整える入浴も効果的です。

 

2.秋も花粉の季節

8月から10月に飛散量が増える「ブタクサ」という植物の花粉が、秋の花粉症を引き起こします。秋頃に目のかゆみ、鼻炎などアレルギー症状が出る人は、皮膚症状をきたすこともあるので注意が必要。皮膚を掻きむしって悪化する前に、耳鼻科に行くなど早めに花粉症対策を行っておきましょう。

 

3.油断しないで!紫外線

紫外線量のピークは8月ですが、秋口はまだまだ注意が必要です。気温が少し下がっても油断せず、日焼け止めなどでUV対策を続けましょう。この時期は、夏の間に受けた紫外線ダメージの影響でバリア機能がやや低下しているので、外出から戻ったら角質に水分を補給し、バリア機能の回復に努めることも大切です。

 

4.乾燥には入念な保湿ケアを!

9月以降はどんどん湿度が下がっていき、乾燥の季節を迎えます。肌トラブルの最も多い原因となり、年齢肌の大敵とも言える乾燥。そろそろ冬のスキンケアに切り替え、入念な保湿ケアを行いましょう。秋~冬にかけては、一日に3~4回の保湿が必要とされています。朝晩だけでなく、日中のケアも心がけて。夏から冬へと肌環境が大きく移り変わるこの季節、気を抜かずスキンケアを継続することが美肌獲得の第一歩です。
(LAR編集部)

【関連記事】
結局どっち!?乾燥シーズンの保湿アイテム「乳液orクリーム」

【参考】
秋のニキビケア – 相澤皮フ科クリニック
皮膚科医が教える保湿だけでは治らない乾燥肌とは? – 池田模範堂

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事