10kg減量ライターが実践した「美脚になる日常動作」のコツ

夏に向けて、脚のラインが気になってくるところ。「ながらエクササイズは沢山あるけど、それでもなかなか毎日続けられない…」と言う人も少なくないのでは? 今日は過去10kgの減量に成功したホリスティックビューティインストラクターの筆者が、そんな人にぴったりな、日常生活の動作を意識するだけで太もも上部&内もものエクササイズの代わりになるコツを伝授します。

160707ono00

 

■意外とある!こんなときが美脚のチャンス

「ながらでもないエクササイズ」って一体…? と思うかもしれませんが、毎日の生活の中に意外と美脚になるために動作できる機会は多いもの。例えば家にいるときだけにフォーカスしてみても、こんなシーンが考えられます。

・椅子やソファに座るとき
・床のものを拾うとき
・下段の棚や引き出しをあけるとき
・お風呂に浸かるとき
・床に座るとき
・トイレや床を掃除するとき
・靴を履くとき

いかがですか? 他にも通勤や仕事中などを含めれば、意外とチャンスは多いもの。では、実際に美脚に近づく動作のコツを3つご紹介します。

 

■美脚に近づく!日常動作の3つのコツ

コツはとっても簡単! 以下の3つのことを、日常動作の中で意識しておこなうだけです。

1.腰は曲げない!

たとえば物を拾うときは腰を曲げて取らずに、しっかりとしゃがむことを心がけましょう。

 

2.「膝」と「足」をできるだけつける

足を開いてしゃがむと、楽なぶん使う筋肉も少なくなってしまいます。できる範囲で、膝とかかとはくっつけてみましょう。着物を着ている時の所作をイメージするとやりやすいです。

 

3.ゆっくりと動作する

しゃがむ時も起き上がる時も勢いに任せず、内ももの筋肉を意識しながら動きましょう。

かがむときだけでなく立ち上がる時も、できるだけかかとと膝をつけて立つようにすると効果がアップします。慣れていないと、この動作を意識するだけで太ももの上部や内ももが筋肉痛になる人も。太もも周りは身体の中でも大きな筋肉なので、ここを鍛えることで身体全体の代謝アップにもとっても効果的なんです! 夏に向けて、ラクに美脚を目指しましょう!
(ホリスティックセルフケア・インストラクター 尾野真美子)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

160707ono00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle