30代・40代流「無地Tシャツ」を今っぽく着こなすテク3つ

蒸し暑くコーディネートを考えるのも面倒くさいとき、役に立つシンプルな無地Tシャツ。トレンドでもあり、大人女性の必須アイテムでもあります。しかし、一歩間違えるとパジャマに見えてしまう、カジュアルすぎてしまう、だらしなく見えてしまうなど着こなしが難しいアイテム。シンプルなだけに、ただ着るだけではダメ。そこで今っぽく見える着こなしの「ちょい足しテクニック」をご紹介します。

160627morita00

 

■袖は2回まくるor斜めカットのものをチョイス!

Tシャツのシルエットを決める上で重要な袖。通常のメンズライクなカットもトレンドですが、どうしてもカジュアル過ぎてしまい大人女性には不向き。このような斜めにカットされた袖のTシャツなら、上部にひらっと動きが出て女性らしく、またキレイめに見えます。さらに腕周りの余白が腕を細く見せてくれる効果も。

20160627morita02

手持ちのTシャツを女性らしく見せたいときは、袖を2回ほどロールアップさせると同様の効果が得られます。ビックシルエット、袖が長めのTシャツには是非試してみてください!

 

■裾は「ゆるくイン」or「前だけイン」してみる

今年らしさを演出する重要なポイントが裾の処理。特にワイドパンツ、ガウチョパンツ、スカーチョなど太め、ボリューム多めボトムスがトレンドの今、お困りの方も多いことでしょう。ジャストウエスト、またクロップド丈の短めTシャツであればインせずにそのまま着ても構いませんが、その他のTシャツはインした方が絶対的にバランスは良く見えます。

20160627morita03

しかし、ぴっちりインするとウエスト周りなどが気になりませんか? インしてから少し引き出し、遊ばせることでそのお悩みが解消されます。さらに前だけインするという技もあり。お尻周りもカモフラージュでき一石二鳥!

 

■ボトムスは太め・ボリューム多め合わせがトレンド感大!

無地Tシャツを今っぽく見せるコーディネートのポイントは、ボトムスを太め、もしくはボリュームの多いもので合わせてあげること。パンツであればワイド・ガウチョ・スカーチョ・スカンツ。スカートであればフレア・プリーツ。トップスはジャストめ、ボトムスはオーバーサイズめのバランスである「ゆるピタ」や「ふわピタ」シルエットを目指してみましょう。

20160627morita04

メリハリのあるコーディネートは、それだけで着やせもして見えるうれしいスタイルです。

シンプルでどんな柄にも合わせやすく、それでいて値段も比較的安い無地Tシャツを味方につければ、向かうところ敵なしのおしゃれ上級者になれちゃいます。この夏は大人でキレイめなTシャツコーデ、極めてみてはいかがでしょうか。
(スタイリスト/ライター 森田文菜)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
ONWARD CROSSET

160627morita00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle