キュウリで「むくみも暑さもスッキリ」な理由と保存方法

一年を通して女性を悩ませる「むくみ」。冬は冷えで、夏は暑さでむくみに悩む方が多いのではないでしょうか。夏のむくみには、身体から余分な熱を放出し、水分を補給する「キュウリ」を食べるとよさそうですよ! 今回はその理由と、上手な保存方法についてご紹介します。

160627iwata00

 

■夏のむくみ対策に!キュウリがおすすめな理由2つ

(1)キュウリは90%が水分!巡る身体作りに◎

血液、リンパ液、細胞間液など、体内のさまざまな場所に水は存在します。女性は男性に比べると脂肪が多いので、身体は常に水不足の状態にあるのだそう。とくに夏は汗をかきやすく水分が不足しやすいため、本来排出されるべき老廃物を含んだ水分までも体内にためこみ、むくみの一因に。こまめに水を飲むことも大切ですが、水をそのまま飲むよりも食べものからとった水分のほうが身体に吸収されやすいともいわれます。約90%が水分でできたキュウリは、水分チャージにも向いた野菜です。

 

(2)食べるクールビズ!?ほてりやすい人にもおすすめ

東洋医学においてキュウリは、体内にたまった余分な熱を取り去り、身体に熱がこもって起きるほてりやむくみなどの症状を和らげる「清熱瀉火類(せいねつしゃかるい)」に分類されています。とくにむくみの改善に効果が高いといわれていますから、身体が熱くむくみやすい方におすすめの野菜です。

 

■キュウリの上手な保存方法

キュウリは低温に弱く、冷やしすぎるとビタミンCが壊れてしまうといわれています。ビニール袋に入れ、立てて野菜室で保存します。奥に入れてしまうと冷やし過ぎの原因になりますから、野菜室でも手前に入れるといいですね。日持ちする野菜ではありませんので、3〜4日で食べきることをおすすめします。

年間を通していつでも買うことのできるキュウリですが、旬は夏。みずみずしい旬のキュウリを食べて、おいしくむくみケアしたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ

【参考】
「水」で若々しく健康になる – 沢井製薬
きゅうりの保存方法 – キユーピー
※藤田紘一郎著(2014年)「体をつくる水、壊す水 〜10年後に差がつく『水飲み”腸”健康法』30の秘訣〜」(ワニブックス)

160627iwata00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle