LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

まずは3日間トライ!「睡眠サイクル」リセットのヒント5つ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ついつい夜更かししてしまったり、お休みの日に寝すぎてしまったり。睡眠のリズムを一定に保つのは、なかなか難しいですよね。しかし体内時計のリズムが崩れると、身体の機能や女性ホルモンのバランスが崩れ、一気に老けて見える原因になります。朝起きて、鏡に映る自分の顔に愕然とした経験はありませんか? そんなエイジング世代が知っておいて安心の、睡眠サイクルリセット方法をご紹介しましょう。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■3日あれば元通り!睡眠サイクルリセット5つのヒント

睡眠サイクルを整える5つのヒントをお届けします。できそうなことから、まずは3日、試してみてくださいね。

(1)寝室のカーテンを見直す
寝室に遮光カーテンを使っている場合は、まずカーテンの見直しをしましょう。朝日を浴びることで、自律神経のズ レをリセットし、スッキリした朝を迎えられるようになります。

(2)食事は睡眠2時間前までに済ませる!
睡眠サイクルを取り戻すためには、身体を早寝早起きのリズムにシフトすることが重要だそう。このバランスを崩してしまいがちな原因のひとつが、夕食をとる時間。胃の働きが活発なまま眠ると、睡眠が浅くなり寝不足の原因に。眠る前の2時間以内の食事はなるべく避けて。

(3)眠る前はぬるめのお湯、起きたら熱めのシャワー
武田薬品工業株式会社によると、就寝1~2時間前にぬるめのお風呂に入って体温を上げておくと、眠りにつくまでに身体の中心部の体温が下がるため、寝つきがよく、眠りも深くなるとのこと。反対に寝る直前に熱いお風呂につかってしまうと、副交感神経が刺激され逆効果なので、ご注意を! ゆっくりとお風呂につかることは、心身のリラックスにも効果があるので、カモミールやオレンジスイートなど、リラックス効果のある香りのアロマオイルを垂らしたり、バスソルトを使ったりするのもおすすめ。
目覚めたら、熱めのシャワーを浴びましょう。交感神経が刺激され、スッキリとした気分で1日を始められます。

(4)眠る前のパソコンやスマホはNG
睡眠改善委員会によれば、テレビ、パソコンや携帯でのネットサーフィンなどは情報量が多く、脳が活性化してしまうとのこと。眠る1時間前は、パソコンやスマホは控えましょう。

(5)「起床期間」は一定に揃える
どうしても就寝時間が遅くなってしまう時も、朝だけは決まった時間に起きて、朝日を浴びるようにしましょう。3日間、規則正しく目を覚ますようにするだけでも、自然と身体が早寝早起きにシフトされていきますよ。

快適な眠りを手に入れるには、日々の生活でのちょっとした工夫がポイント。自分に合った方法を見つけましょう。
(LAR編集部)

【関連記事】
ズバリ、痩せたかったら寝なさい!忙しくてもキレイになる睡眠って?

【参考】
※神藤多喜子著(2013)『「きれい」を育てる 女性ホルモン整えレッスン』(池田書店)
よい睡眠を得るために – 睡眠改善委員会
体内時計と睡眠のしくみ – 武田薬品工業

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事