見た目も華やか!「ハーブティー氷」で涼しげドリンク

今やたくさんの種類が出ているハーブティー。おいしく抗酸化作用も期待できる素晴らしいドリンクなので、30代・40代のエイジング世代としては積極的に飲みたいところですが、真夏に熱いハーブティーはなかなか飲みづらいですよね。そこで今回は、ホリスティックセルフケア・インストラクターの筆者が、凍らせたハーブティーで作る、夏にぴったりな涼しげドリンクの作り方をご紹介します。

 

■見た目も華やか!ハーブティーで作る涼しげドリンクの作り方

今回の完成図のドリンクは、クランベリーとローズヒップがブレンドされたティーバッグ、スパークリングウォーターを使いました。。

用意するもの(1名分)

・色がしっかり出るハーブティーのティーバッグ 1袋
・製氷皿
・お好みのドリンク グラス1杯分 (味がついていてもOK。透明や白い色のものが使いやすいです)

作り方

1.ハーブティーをお湯から入れて(鍋で煮出してもマグカップで入れてもOK)、冷めたら製氷皿に入れて一晩凍らせる。

20160620ono02

2.ハーブティーの氷ができたら、お好みのドリンクを入れたグラスに、5〜6個入れて完成!

20160620ono03

ローズヒップで入れた場合は、氷が溶けてくると飲み物全体がうっすらピンクがかってくるので、色の変化も楽しめますよ。人が来た時のおもてなしドリンクとしてもオススメです。これから暑くなってくる季節にぴったりなので、ぜひお試しあれ。
(ホリスティックセルフケア・インストラクター 尾野真美子)

【関連記事】
家にあるもので簡単!「ヘアブラシ・くし」掃除方法3つ

160621ono00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle